伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】

伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】

伊豆のエギングで必要な竿の要件を考えてみた。竿には短い竿、長い竿、硬い竿、やわらかい竿などいろいろある。さて、初めてエギングを始める人視点ではどんな竿がいいのだろうか。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

エギング竿選びの5つのポイント

足場が高い、磯場に下りられて水面に近い、キャストのとき振りかぶれないなど、伊豆には様々なシチュエーションが存在するが、エギングをこれから始める人はどこを考えたらいいのだろうか。

伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】伊豆の低い堤防(提供:TSURINEWSライター野中功二)

長さ

まず考えるべきは竿の長さ。初心者はいったいどのくらいの長さを択べばいいのか悩むところだ。男性、女性でもちろん長さは異なるところで、1番最初に考えるところは「力」の差。男女で確実に違う部分だ。次に取り回しのよし悪し。長い竿ほど取り回しが悪く、短い竿は取り回しが楽と言うことだ。

伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】取り回しのいいショートロッド(提供:TSURINEWSライター野中功二)

硬さ

次に竿の硬さ。竿をしならせその反発でエギを動かすことから、軟らかい竿と、硬い竿では特性が違う。力をそれなりに入れないとならない硬めの竿は男性向き、少し軟らかい竿は非力の女性向きといった感じだ。

値段

次なる問題は値段で、1万~7万円と価格幅は広い。そして、一概に高い竿が良いとは言い切れない。安いからといってダメな竿と言うことではないので、上記に書いた事柄を参考に使いやすい竿を選びたい。最近ではいい竿が多く出回っている。手にとって見るのが1番だろう。

エギとの相性

少し上級になるかと思うが、使うエギによって竿を考えることもある。エギの特性を生かせる竿ということだ。例えばダートが得意なエギに、ダートするパワーを与えられる竿を選択するといった具合。エギに初速と水の抵抗を与えてダートさせることを竿がやってくれる。初心者はそういった竿とエギのチョイスをお勧めする。

伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】エギとの相性も考慮したい(提供:TSURINEWSライター野中功二)

重さ

エギングの釣行時間を考慮する必要もある。長い時間エギングをするのに重たい竿は択びたくないところだ。短時間での釣行ならば、少しくらい重たくても問題はないだろう。やはり女性は軽い竿を第1に選択することをお勧めする。

エギは疑似餌だ。やはり釣れないと飽きて集中力が低下する。反対に釣れると楽しいし、もっと釣りたいと思い進歩するきっかけとなるだろう。できるだけストレスなく釣り続けられる重さをえらびたい。

伊豆エリアのエギングにおける【初めての竿を選ぶ時の5つのポイント】低い磯(提供:TSURINEWSライター野中功二)

次のページで筆者のオススメのロッドを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。