アジ・イサキリレー船で両本命の数釣り堪能 肝は10cm単位のタナ取り?

アジ・イサキリレー船で両本命の数釣り堪能 肝は10cm単位のタナ取り?

梅雨入りしたものの、すっきりと晴れた日はどこへ行こうか。そこで6月8日(水)、内房勝山の週刊つりニュース協定・庄幸丸のアジ~イサキリレーへ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アジ&イサキリレー釣行

まったく釣り方がわからないので、道具は庄幸丸さんにお願いして、フルレンタル。心配していた天気は曇り空ではあったが問題なく、風も吹いていない。ああ、よかった~。

港から30分ほどでポイントに到着。さっそく釣るぞ!と思ったけど、まずは船長から釣り方の指導。

ジャストのタナを狙う

ルアー釣りばかりやっている私にとって、この釣りは完全な初体験。ビシにコマセを詰め、仕掛けを落とし70mぴったりで止める。そこからさらに3m落とし、シャクリながら1mずつ巻き上げて、70mでストップ。アタリがなければまた3mほど落とし、シャクリながら70mまで巻き上げたらストップ。これを数回繰り返して、アタリがなければ回収。

まず驚いたのが、狙いのタナが70mもあること。デカいアジはやはり深場なのですね。さらに驚いたのが、船長からの指示ダナが驚くほどシビアであること。普通指示ダナは「70~80m。はい、やってみて~」と言われることが多いが、ここはまったく違う。70mジャストでなければダメ。おそらく、コマセがぼやけてしまうのを避けたいのでしょう。

尺アジ当たり前で40cm超えも

結果、タナを合わせた瞬間、入れ食い状態に。楽しすぎる。ただし、魚がかかってもアジの口は弱いので、巻き上げる間も緊張は途切れない。

アジ・イサキリレー船で両本命の数釣り堪能 肝は10cm単位のタナ取り?良型のアジが続々登場(提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

電動リールの巻きスピードもゆっくり。慎重に巻き上げると見事なサイズのアジ!尺クラスなんて普通に釣れ、最大で40cmオーバーも。

アジ・イサキリレー船で両本命の数釣り堪能 肝は10cm単位のタナ取り?3.5kgのヒラメがゲスト(提供:週刊つりニュース関東版 安藤弘司)

次のページはイサキ狙いで数釣りを満喫!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。