波止フカセ釣行:42cmクロダイ筆頭に11尾!【和歌山県・海南港】

夏真っ盛りに、和歌山・海南港に夏チヌのフカセ釣行に出掛けた。序盤からアタリ連発となった当日の最終釣果はいかに?

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日のまきエサ&さしエサ

当日使用したまきエサ

台風の影響で午後からは雨の予報だったので、午前中のみと決めて自宅を早めに出た。

途中エサ店でまきエサの段取りをする。当日のまきエサレシピは、生オキアミ3kgに対して、ヒロキューの麦黒鯛、チヌ煙幕各1袋ずつを混ぜ合わせた。

さしエサはヒロキュー生イキくんツインパックチヌを2パックとコーン1缶を持参した。

タックルと仕掛け

タックル図

当日の潮回りは大潮で、満潮時刻が午前6時ごろ、180cmの潮位を迎える。満潮時刻ごろ現地に到着。すぐさま釣り座正面にまきエサを20シャク打ち、仕掛けの準備に取り掛かる。

サオは、『チヌスぺシャルマスターモデル/がまかつ』旧型5mに、リールは『BBーXハイパーフォース2500DXG/シマノ』。ミチイト1.7号、ハリス1.5号2ヒロにチヌバリ2~3号を使用。ウキはG2負荷の円錐ウキでウキを浮かせて釣りを開始した。

次ページでアタリ連発!