都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超え

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超え

6月13日(月)、東京都北区、東京都板橋区に位置する浮間公園へ午後からブルーギル釣りへ出掛けた。魚影抜群な同地でブルーギル釣りを楽しんだ釣行をレポートしよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

浮間公園

浮間公園は浮間ケ池を中心とした都立公園となっていて、遊具スペース、テニスコート、野球場、ゲートボール、バードサンクチュアリ等の施設や風車があり、老若男女問わずファミリー中心に人気の公園だ。

釣りとしてはヘラブナ釣りをメインにコイや小物釣りができ、リール竿の使用、投げ釣り、ルアー釣りが禁止されている。なのでエサ釣り限定の釣り場となる。また同地は浮間ケ池の在来種保護や環境保全のため、特定外来生物を減らす目的(ブルーギルバイバイプロジェクトなるもの)で公園内3ヵ所にブルーギルボックスが設置されているので、外来魚(ブルーギル・ブラックバス)を釣ったらボックスへ移そう。

※公園は常時開園しており駐車場も35台駐車可能であるが、電車でアクセスが便利で浮間舟渡駅から目の前と非常に楽である。駅前にはコンビニや飲食店もあり、利便性が高く公園内も綺麗に管理されているので安心だ。今年公園敷地内にコメダ珈琲店もオープンしており、様々な用途で利用できる公園である。

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超え浮間公園にオープンしたコメダ珈琲(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

タックル

公園ルールに従いタックルは『リールなしの竿』の使用が必須となる。今回は『数釣り用とサイズ狙い』で2タックル用意した。

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超え使用した自作仕掛け(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

数釣り

5尺小物竿に自作シモリ仕掛けを使用し、ミチイトは0.3号、ハリはタナゴバリまたはハエスレ1号にミミズカット。

サイズ狙い

10尺テンカラ竿にミャク釣り仕掛けを使用し、ミチイト1号、目印3つにハリはヘラスレ4号にミミズ1尾掛け、またはブルーギル背掛け。タックルのレンタルはないので道具やエサは自身で用意しよう。

現地の状況

午後1時過ぎに現地到着して公園を見渡すと、ヘラ師の他に小物釣り(主にクチボソやブルーギル)をしている方々が20名以上。平日とはいえひそかに人気のある釣り場であることを再認識。

私は1年ぶりに同地へ遊びにきたが、公園東側での釣りが印象に残っているので、公園東側ブルーギルボックス周辺で竿を出すことにした。周囲を見ている限り釣れているので、今回も楽しませてくれそうだ。

開始からハイペース

今回のエサはミミズだが、メインで釣れているブルーギルのサイズ感は4~6cm程度なので釣るためにはミミズカットしてエサ付けが必要。まずは短竿で手返しよく入れ食いを楽しんで、開始15分20尾と爆釣である。昨年とかわらずの爆釣ペースに驚きながらも数を重ねていく。

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超えブルーギルの数釣りが楽しめる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

良型交えつつもペースかわらず

観察ケースに移してしばし観察しつつも写真撮影を楽しんでからは、心地いい引きを楽しめる10~13cmクラスも時折交えつつ、ペースはかわらずに釣れ続けてくれ、1時間50尾と面白いひとときだ。

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超え中型サイズも多く釣れる(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

底なしの魚影で束釣り

次から次へとアタリも止まらず、まさに底なしの魚影である同地に感謝しつつ、数釣りタイムをしっかりと楽しませてもらい、開始2時間20分で束釣り達成となった。もはや今回数釣りは十分なので夕マヅメまでのんびりと過ごすことにした。

都内の公園でブルーギルの数釣り堪能 魚影抜群で2時間強で100匹超えしっかり束釣り達成(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

次のページで夕マヅメのブラックバス狙いをリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。