ホヤの詰め放題イベントが開催 実は東京湾でも食用ホヤが採れる?

ホヤの詰め放題イベントが開催 実は東京湾でも食用ホヤが採れる?

海のパイナップルと呼ばれ、その個性的な味が好まれるホヤ。1種類しかないと思われがちですが、実はいくつかの種類が食用にすることができます。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

今が旬のホヤが詰め放題

宮城県北部に位置し、太平洋に面した南三陸町。先日、ここにある商店街で「ホヤの詰め放題イベント」が開催され、話題となりました。

イベントでは、水揚げされたばかりの養殖ホヤ約3000個が用意されました。購入希望者は1袋500円で詰め放題となり、多い人では20個を超えるホヤを詰める人もいたそうです。

ホヤの詰め放題イベントが開催 実は東京湾でも食用ホヤが採れる?新鮮なホヤ(提供:PhotoAC)

南三陸町はリアス式海岸が発達し、沖合に黒潮と親潮がぶつかる「潮境」があることから、ホヤの餌となるプランクトンの量も豊富で、養殖が盛んに行われています。周辺地域での生産量も多いことから、ホヤは宮城県のプライドフィッシュにも指定されています。

流通するホヤには種類がある

最近はスーパーなどでもごく普通に目にするようになったホヤ。その殆どは「マボヤ」という種類のものです。

マボヤは手榴弾のようなデコボコした見た目が特徴的で、ホヤの中で最も一般的な種類であり、かつ流通するほとんどが養殖ものです。

ホヤの詰め放題イベントが開催 実は東京湾でも食用ホヤが採れる?アカボヤ(提供:PhotoAC)

一方、魚市場や魚の専門店ではこのマボヤとは別のホヤも見かけることがあります。それは「アカボヤ」という種。こちらはマボヤと比べて赤みが強く、ツルッとしたシルエットでありながら、表皮がビロードみたいな質感となっています。

アカボヤは北海道でのみ漁獲され、そのほとんどが天然物だと言われています。

次のページで食べられるホヤが身近にも?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。