ちょっと変わった『シャコ』の生態 パンチ力だけでなく視力も凄かった?

ちょっと変わった『シャコ』の生態 パンチ力だけでなく視力も凄かった?

今回はシャコの生態について調べてみました。凄まじいパンチ力が有名ですが、実は視力もハンパないようです。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

美味しい

味わいはエビよりもさっぱりしており、やわらかいのが特徴です。

シャコの旬は、5~7月頃と11〜12月頃と言われており、5~7月頃の産卵前で卵を抱いたシャコを「カツブシ」と呼び、卵の濃厚さを楽しみたい方はこの時期に食べることをおすすめします。

ちょっと変わった『シャコ』の生態 パンチ力だけでなく視力も凄かった?食べて絶品(提供:PhotoAC)

一方で、11〜12月頃はシャコは産卵期を終えて脱皮を繰り返し、身がしっかりとおいしくなる時期です。シャコの身の甘みを味わいたい方はこの時期がおすすめです。

ちなみに、シャコはとれたてをすぐにゆで上げないと水っぽくなってしまい味が落ちてしまいます。

食わず嫌い卒業は今年?

なかなか食べることのないシャコですが、海沿いに行けば意外と食べることが出来る食材です。

しかし、馴染みが無いゆえに、新鮮なものであっても選ばれにくい食材でもあります。

是非一度食べてみて下さい。きっと見た目とは裏腹な味覚に驚くこと間違いなしです。

<近藤 俊/サカナ研究所>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。