小型メタルジグを使ったショアジギング入門 道具・釣り場選び・釣り方

小型メタルジグを使ったショアジギング入門 道具・釣り場選び・釣り方

眩しい季節がやってきます。夏。キラキラと輝くメタルジグを投げて、サバやアジを狙いましょう。5~20gのメタルジグを投げる、スーパーライトショアジギングを解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

SLSJで夏の釣りを楽しもう

スーパーライトショアジギング(以下SLSJ)では、小型のメタルジグを投げて、サバやアジや根魚や小型青物を狙います。定番はサバやアジ、ちょっとレアなのがグルーパー類やハマチクラスの青物です。ただアジは酷暑になると沿岸から姿を消してしまうのですが。

小型メタルジグを使ったショアジギング入門 道具・釣り場選び・釣り方アジもターゲット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

使用するメタルジグは5~20gと軽くて使いやすく、長い時間アクションしていても腕が疲れません。華奢な人にもおすすめです。また使うメタルジグが小さい分、魚の口に入りやすく、ガチガチのショアジギングやライトショアジギングと比べて釣果が出やすいのも良いところです。

タックル要件

SLSJは専用ロッドもなくはありませんが、基本的には何かのタックルの流用でいいでしょう。筆者は2本のロッドでSLSJをしているので、例として紹介します。

バスタックル流用

・バスロッドML7.1ft(ルアーウェイト1/4oz)
・スピニングリール2500番ノーマルギア PEライン0.4号 リーダー8lb
・メタルジグ10g程度を中心

強めのライトゲームタックル

・8.5ftライトゲームロッド(ルアーウェイト3~21g)
・スピニングリール2500番ハイギア PEライン0.5号 リーダー10lb
・メタルジグ20gまで

小型メタルジグを使ったショアジギング入門 道具・釣り場選び・釣り方バスロッドでも入門可能(提供:TSURINEWSライター井上海生)

その他、MLかLクラスのエギングロッド、シーバスロッドも流用可能。もっとも流用適正が高いのは、筆者個人的には、おそらくチニングタックルだと思います。

小型~中型青物も狙える

ただでさえ回り物は難しいですが、回遊があれば、小型~中型青物もメタルジグに食ってきます。逆に、というか、青物はワームでは巻きスピードが足りずに魚に無視されてしまうので、ハイスピードなメタルの釣りが有利です。ただ、サバやアジと混泳している海では、どうしても小型の魚が先に食ってしまうのですが。

ネットや釣具屋さんに聞いて、回遊情報はよくチェックしておきましょう。基本的には夕マヅメよりも、朝マヅメの方がメタルの釣りはよく効きます。

筆者も昨シーズンは悔しい思いをしたのですが、メタルで釣ったサバかアジに青物が飛びついてきたことがあります。油断していると突如襲来するので、小魚フィーバー状態でも頭の片隅に「何かくるかも」という緊張感を持っていてください。

次のページではシーバス狙いの壁パターンを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。