ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中

ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中

今回はロックフィッシュをターゲットに、5月29日(日)、南房乙浜の有希丸さんでチャレンジしてきました。フリーリグにエビエサの組み合わせでカサゴがクーラーいっぱいになった釣行の模様をリポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

有希丸でロックフィッシュ釣行

「ロックフィッシュ」その名前の通り、海底の岩や海藻の隙間に泳いでいる魚のこと。海底の起伏を想像しながら、根のある底にオモリを当てたり浮かせたりしてアタリを待つ。竿先に感じる振動が、根なのか魚なのかドキドキしながらアワせます。この時、根掛かりだとガッカリしますが、魚の引きなら水面に上がってくるまでどんな魚種が登場してくれるのか分からない、それがロックフィッシュゲームの魅力です!

ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中船長と記念撮影(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

この日は釣り仲間のみぽりんに誘われてお邪魔した仕立船。5時集合で港に集まりごあいさつ。初めましての人もいて緊張しますが、船長さんが気さくに声をかけて盛り上げてくれるので、あっと言う間に船内は和やかムード。

開始早々良型カサゴ登場

最初は港からすぐの水深20m前後の岩礁帯エリアからスタート。仲間内の仕立船と言うことで、釣り方に決まりがなく、仕掛けは人によってさまざま。私は自作のフリーリグを用意。フリーリグとはリーダーにウキスイベルを通してその先のフックにエサを付ける、とてもシンプルな仕掛け。スイベルに付けるオモリは水深や海の状態によって変えますが、今回は15号を使用。

エビエサを付けて落としたら仕掛けを海底でふわふわさせて誘います。この日は魚の活性が高く、常に誰かの竿がしなって船内はにぎわっていました。

ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中良型カサゴヒット(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

私にも開始早々にアタリ。根に潜られないようすぐに巻き上げて、良型カサゴをゲット。

根掛かりで悲劇が……

幸先のいいスタートに「きょうはたくさん釣れる気がする!」とテンションが上がりますが、この釣りにつきものなのが根掛かり。アタリを多くだすために海底を攻めると、高確率で根掛かりします。そしてとうとう恐れていたことが……。

ロックゲームでカサゴ好捕 ロッドの破損乗り越えアカハタも手中こちらもビッグなカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版 木内瑶子)

根掛かりを外そうとイトをフリーにして竿を浮かせた瞬間ガイドにイトが掛かってしまい、その状態で竿先に負荷がかかってミシッと嫌な音が。私の竿先は海の中へと沈んでいきました。ええーっと思わず声が漏れましたが、竿が折れても心は折れません(笑)。

次のページでアカハタほか多彩にヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。