リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略

リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略

千葉県の養老川にルアーシーバス釣行に出かけた筆者。アタリ多数もハリ掛かりしないという難しい状況に直面。ハク、バチ、イナっ子の各種ベイトが入り乱れる中、本命にクロダイをキャッチした釣行をお届け。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

養老川シーバス釣行

気温はぐんぐん上がり、すでに初夏を思わせる今日この頃、川の中も生命感が満載である。すでに梅雨入りのような天気が続く関東地方、そんな不安定な空模様の5月中旬、養老川のすぐ近くの小河川へシーバス釣りで出かけた。

特にこの時期のリバーシーバスは、ハク、バチ、イナっ子など、様々なベイトが入り混じる、楽しくも難しい季節である。今回はあえてその難しい季節に挑むこととした。

アタるも乗らず

夕マヅメには少し早い時間帯、まずは、下流にある支流の水路から攻める事にした。この暗がりには必ずシーバスが付いているので、期待せずにはいられなかった。小さなトンネルのような橋脚下の暗がりにルアーを通すと、やはりアタリが来た。

リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略支流の水路(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

しかし、サイズが小さいのか?上手くフッキングしない。再び通すと、またアタリが来る。また、乗らない……。こんな不毛のやりとりが数時間続いた。完全に魚にからかわれている気分だ。

そうこうしているうちに暗くなり、アタリそのものが遠のいたので、移動することにした。何十回とアタリがあったのに、まさかのノーキャッチに終わり、精神的にもかなりのダメージをくらった。

本流移動で待望のヒット

気持ちを何とか切り替え、本流へ移動すると、大規模なボイルに遭遇!ここぞとばかりにハク用の小型ミノーを投げると、小さなアタリが連発。しかし、ここでもなぜか?フッキングせず困惑。

そこで、流れに乗せてリールを一切巻かず、スラックだけ回収するやり方に切り替えると、強烈なアタリが手元に伝わって来た。待望のシーバスだ!

リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略小河川で活躍するマイクロミノー(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

40cm級シーバス登場

ここでバラしたらおそらく立ち直れないので、慎重にやりとりを行う。サイズこそ小さいが、本日やっとシーバスを手にした。40cm級のシーバスであったが素直に嬉しい。このサイズのシーバスを釣って、こんなに嬉しいのは久々だ。

リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略バチも抜けていた(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

川を覗くと、クルクルバチが多数確認できた。本日は、ハク、バチ、そしてイナっ子も少しいて、これらのベイトが共演して、狂喜乱舞のボイルが起こっているらしい。そしてここで、最悪な事にバチ抜け用のルアーを持って来ていないことに気付く。ここでは残念ながら40cm級のシーバス1匹だけと、まさかの結果になった。

リバーシーバス釣行で本命&クロダイ 混合の難解ベイトパターンを攻略ようやくキャッチした40cm級のシーバス(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

次のページではクロダイに苦戦

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。