沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩に

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩に

ゴールデンウィークも最終となる5月7日、大分県の坂ノ市一文字へチヌ狙いで釣行しました。半年ぶりくらいでしょうか。毎度の大勝丸さんにお世話になりました。本命のチヌに真鯛やカサゴなど、充実のお土産ゲットとなった釣行の模様をリポートします。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

藤本みどり

フカセ釣りに魅了され、1年中元気に釣りに出掛けています☆自然の中で四季を感じながら、日々コツコツ楽しく学んでいます。【釣研スペシャルスタッフ/釣まんフィールドテスター】

×閉じる

海釣り 堤防釣り

坂ノ市一文字でフカセ釣り

ここは、大分市東部にある沖堤防で、縦一文字、横一文字、沖一文字、6号を総称して「坂ノ市一文字」と言います。アジが大好物の皆さん、一文字は1年を通じてアジが狙える場所でもあります。又、青物の回遊も多く、ルアー釣りの方でもにぎわっています。真鯛、モイカ、太刀魚、カサゴ、メバル等など…魚種も豊富な釣り場なのです。

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩に利用した大勝丸(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

エサとタックル

この日はチヌ狙いということで、沖アミ1角に集魚材の「カラーチヌ」と「プレミアムイエローチヌ」を各1袋ずつ混ぜ合わせました。人気のペア配合です。こちらを2セット用意しました。色とりどりのカラー麦でチヌを寄せる作戦です。ウキは、大征黒00に遊動ガン玉を付けてチヌの居場所を探っていきます。

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩にエサとウキとガン玉とハリ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

まずは真鯛から顔出し

私は、船長さんのお勧めで「沖一文字」に上がりました。釣りを開始して1時間ほどは、付けエサも取られない状況でした。そして、そろそろまきエサが効きだした頃かなぁと思っていると、手元のラインがしゅるしゅると出ていきます。魚の引きを堪能して浮かせると、ファーストヒットの魚は食べごろの真鯛でした。同行の藤本さんも、軽快にサオ曲げです。あれ?私のより大きいサイズの真鯛の登場でした。

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩に藤本さんとマダイ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

豊富なゲスト登場

魚の食い気がたってきたのでしょうか。2ヒロ~1本のタナで何かしら魚がヒットしてきます。良型のウマヅラはいいお土産になりました♪お次は、かわいいサイズのコブダイです。

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩にウマヅラ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

これだけ魚の反応があると嬉しくなりますね。

沖堤防フカセ釣りで60cmマダイ連打に45cm級チヌ好捕 ゲストも多彩にコブダイもキャッチ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

次のページで練りエサにかえて本命チヌ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。