地磯エギング釣行でキロ級含めミズイカ(アオリイカ)連打の好機突入

地磯エギング釣行でキロ級含めミズイカ(アオリイカ)連打の好機突入

大江(熊本県天草市)の磯で、ミズイカが好調。数、型ともに望める好期に突入した模様だ。5月18日に釣行した時の様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ミズイカの好期

大江のミズイカは一年を通して狙えるが、場所むらなく広範囲で釣れるのは春から初夏。エギングで狙うのが一般的な釣り方だ。

同時期は型もよく、500~800gが平均サイズ。これにキロ級が交じる。まれに2kgクラスの特大サイズがヒットするところも嬉しい。

エギングの傍らにワームも

この日は大江漁港の渡船・英光丸に乗り、午前9時過ぎに黒瀬崎周辺の磯に渡った。エギングの傍らにワームでアラカブを釣る計画だ。釣り座を決め、早速準備に取りかかった。エギは超スローで沈下し、イカへのアピール力が強いドローフォーをチョイスした。

地磯エギング釣行でキロ級含めミズイカ(アオリイカ)連打の好機突入当日のタックル(作図:TSURINEWSライター松田正記)

3投で見切り

まずはナチュラ系のエギを使い、フルキャスト。水深は15mほど。エギが着底したあと4~5回のシャクリを入れ、フォール。これを繰り返し、アタリを待つが反応はない。

わずか3投で見切りをつけ、ワームにチェンジ。今度はアラカブ狙いに切りかえた。

アラカブ連打

ワームをちょい投げしたあとは仕掛けを着底させ、ゆっくりリールを巻く。すると1投目から魚信が出た。

小気味いい引きを見せたのは20cmほどの本命だ。そのまま釣れるパターンを掴み、連15~20cm級を連打。5匹をキープしたところで、再びエギングを試すことにした。

地磯エギング釣行でキロ級含めミズイカ(アオリイカ)連打の好機突入アラカブを連打(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページでエギング再開&連打

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。