陸っぱりメバリング釣行で22cm頭にメバル2ケタ 大きめプラグが好適

陸っぱりメバリング釣行で22cm頭にメバル2ケタ 大きめプラグが好適

メバルの調子がいいうちにたくさん釣ってしまおう、ということでアジは見切って連日のメバリング。この春はこれでいいだろう。大阪南港5月15日の釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

この日は満月の大潮回り二日目で、満月とはいっても雲に隠れて夜に光量は少ない。風もほとんどまったくなく、かなり釣りやすい状況だった。

夕方スタートと思って、昼寝してからポイントにイン。まあまあ時間を切り詰めてきたつもりだったが、それでもあたりに夕の気配が満ちてくるまでは1時間くらいかかった。最初はライトブリームスタート。乗っ込みる。

ライトブリームでスタート

1時間半、シャッドテールワーム2inchのジグ単でサーチ。クロー系にシルエットをかえてみたり、レンジをかえてみたりと試したが、チヌの反応はなかった。カサゴもこない。無の時間を過ごす。まだ日の高いうちに反応する夏の海でもないか。こんなものだ。

しかしこうなってしまうと、アタリが出始めるまでが退屈ではある。メタルジグの準備でもしてくればよかったなと思ったが、この日はメバルロッド一本でいこうと決めていた。その分時合いも集中して釣ったが、回遊しそうな筋も、キワをマイクロメタルで見ても反応なし。

日没30分後メバル

メバルが浮いてきたのは、日没からちょうど30分後だった。19時24分にファーストフィッシュ。ジグ単1g、2inchのワーム。表層の巻きでビビビときた。小さく見えるが、一応20cmは超えている。むしろ、これ以下のサイズはあまり来ない。

陸っぱりメバリング釣行で22cm頭にメバル2ケタ 大きめプラグが好適ワームで最初の1尾(提供:TSURINEWSライター井上海生)

闇が満ちて雲に月が隠れ、しっかりと夜の海になると、反応が多くなった。こうなると今年の大阪湾、プラッギングが強い。最近調子のいいコスケというフローティングの35mmミノーでどんどん釣っていく。

陸っぱりメバリング釣行で22cm頭にメバル2ケタ 大きめプラグが好適プラグで追加(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページはルアーローテで続々ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。