伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの宙釣り・管理編:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの宙釣り・管理編:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「両ダンゴの宙釣り・管理編」。今回は埼玉県加須市にある加須吉沼での実釣編をお届けしよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

加須吉沼で実釣編

中央桟橋中央付近のもみじ向きに入釣。竿9尺メーター両ダンゴで、7時にエサ打ち開始。

混雑なし、特濃魚影、直近の釣況などからすぐにでもアタりだすと思われたが、意外にも苦戦モード。よさげなタナを探してウキをエレベーターさせるも、なかなか答えが返ってこない。

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの宙釣り・管理編:第1回】加須吉沼概況(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「触りがあってアタらないのならまだしもウキが動かないのだから、見当違いのタナをやってるとしか思えないね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの宙釣り・管理編:第1回】カクシンベースの両ダンゴ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

2時間粘るも、いきなりアタリの2枚だけで浅ダナに見切りをつける。テーマが宙釣りの両ダンゴである以上、セットに切り替えるわけにはいかず、どこか食い気のある魚がいるタナを見つけだすほかない。

わずかなタナの違いが決め手

取りあえず竿はそのままでタナをチョウチンにして、エサも浅ダナ用からチョウチン用に作り替えて再スタート。すると今までの動きが何だったのかと思わせるほど、バシバシと竿が曲がり始めた。

伊藤 さとし

「不思議なものだね。わずかタナ2m弱の違いだけなのに、こうもウキの動きが変わるのだからね。釣りって本当に分からないものだよ」

 

それにしてもなぜ浅ダナがここまでよくないのでしょうか?

伊藤 さとし

「ベタナギがよくないのか、それとも水温の差か。いずれにしても上ダナにいたくない何かしらの理由があるんだね。食い渋りじゃない。だってこうしてチョウチンにしただけでアタってくるのだから」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【両ダンゴの宙釣り・管理編:第1回】タックル図(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

エサが違うからってことはないですか?

伊藤 さとし

「あり得ないね。日ごろから使用している愛用ブレンドだし、いくら何だって触りぐらいでてもいいでしょう」

 

まあそうですよね。

伊藤 さとし

「適当にバラけていたしエサもしっかり持っていた。つまり寄せながら釣るという両ダンゴのセオリーはできていたわけだからね」

 

それでもアタらないと言うことは、魚がいないか食い気がないか?

伊藤 さとし

「いないとは考えづらい。だってここは加須吉沼だよ。そのへんの野池でやっているならともかく、いい時はカッツケで100枚以上も出る釣り場だからね」

 

次のページで良型連続キャッチで25枚!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。