乗っ込みマダイ狙いの『完全フカセ釣り』で80cm美マダイにヒラマサも

乗っ込みマダイ狙いの『完全フカセ釣り』で80cm美マダイにヒラマサも

5月9日、福井県・越前町の鷹巣和布(めら)港から出船するみの浦丸の朝便に乗船、鷹巣沖の乗っ込みマダイを完全フカセで狙った。乗っ込みマダイ爆釣!しかもヒラマサ、ワラサ、極太の大アジもお土産にし、大満足となった釣行の模様をリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

乗っ込みマダイ釣り

5月9日、福井県・越前町の鷹巣和布(めら)港から出船するみの浦丸の朝便で、鷹巣沖の乗っ込みマダイを狙った。

当日早朝に兄貴と一緒に車で向かい、現地で釣友の中嶋さんと合流。午前4時30分ごろ漁港に到着すると、大勢のアングラーでにぎわっている。

康弘船長とあいさつをかわして、釣り道具を積み込んだ。午前5時、各僚船がポイント目指して出船。沖の波風はともに穏やかで釣り日和だ。

鷹巣沖で完全フカセ釣り

鷹巣沖は日本海屈指のマダイの宝庫。潮さえ動ば爆釣も夢ではない。この地方は完全フカセ釣法が主流だから、いち早くヒットレンジを見つけ出せばこっちのものだろう。

船長は航程20分ほどの漁礁で、魚探に映る反応を見つけた。ゆっくり旋回しながら水深63m付近にアンカーを入れた。潮は緩いが越前方面に流れ、風向きと一致して悪くない。私は右舷トモ、兄貴が左舷トモに座り、中嶋さんは潮の流れを見て、右舷ミヨシからサオを出す。仕掛けは全員がハリス6号、長さ8mの2本バリで統一した。

乗っ込みマダイ狙いの『完全フカセ釣り』で80cm美マダイにヒラマサも筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

開始早々釣友に本命

「はい、いいですよ」と康弘船長の声で釣り開始。船上からまきエサをパラパラまき、発砲ウキ6号を付けて流す。スプールの回転は緩いが、30mを超えるとよく回転してラインが出る。

1流し目から「おっ、きたぁ」と中嶋さん。振り向くと豪快にサオが曲がっている。すると隣の兄貴もアラ―ムが鳴り「きたぞ」。いきなりダブルヒットで船上は大騒ぎだ。

中嶋さんが手繰り寄せると、「おっ、ダブルだ」と船長の声。きれいな60cm前後のマダイがネットに収まった。兄貴も三段引きを楽しみながら、良型マダイを仕留めた。ヒットした距離は45m付近とのこと。

乗っ込みマダイ狙いの『完全フカセ釣り』で80cm美マダイにヒラマサも筆者の兄も良型マダイを手に満足顔(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

特大アジが入れ食い

再投入するとすぐにラインの飛び出し、ピッピッピーという音と同時にクラッチが入る。生命反応はあるが、サオのたたきが弱くマダイではなさそう。手繰り寄せると大アジが浮上した。しかも極太の45cm特大アジのダブルだ。

ここから全員特大アジの入れ食いを楽しみ、おいしいゲストを無我夢中で釣りまくった。

ポイント移動で72cmマダイ

午前7時過ぎたころ、康弘船長はポイント移動を決断。これが結果的に大正解。船長がアンカーを下ろしたのは水深35mの浅場で、岩礁の上には反応が出ている。マダイの群れのようだ。

私の1流し目、32m付近で電動アラームが鳴り、クラッチが入った。すかさず電動をスイッチオン。瞬時にサオが激しくたたかれる。重量感ある引きは半端ない。予想通り暴れながら大型マダイが浮上した。船長の差し出すネットに収まり、足元に72cmの大ダイが横たわった。

乗っ込みマダイ狙いの『完全フカセ釣り』で80cm美マダイにヒラマサも筆者が仕留めたガングロ72cmの大ダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

次のページで当日のビッグワン80cmが浮上

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。