がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg

ゴールデンウイーク初日の4月29日、恒例の「がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会」が滋賀・甲南へらの池にて開催された。59組118人が参加したこの大会、合計19.2kgを釣った小寺宏和選手と西澤淑朗選手が優勝の栄冠を勝ち取った。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部・中西)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

2年ぶりの開催

「恒例」の大会とはいえ、新型コロナウイルスの影響で今回は2019年以来2年ぶりの大会開催。まだまだ油断できない感染状況とあって、今回は参加者を絞り、前半後半での釣り座移動の廃止など、万全の感染対策のもと執り行われた。

午前6時に受付が開始されると、各選手スムーズに釣り座抽選を行い、釣り座について準備スタート。あいにくの雨予報のため、各自テントやパラソルを準備し、全員の準備が整ったところで、30分繰り上げてスタートとなった。

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg甲南へらの池全景(撮影:TSURINEWS編集部)

すぐに時合い落ちでぽつぽつ

スタートの合図とともに一斉に思い思いの仕掛けを振り込む選手たち。おなかをすかしたヘラブナが好反応を示したのは開始からしばらくの間だけで、すぐに時合い落ち。

使用した2号桟橋と3号桟橋ともに外向きがやや調子がいいようで、パラパラと散発的にサオを絞る内向きに対し、連発でサオを曲げる姿も確認できた。

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kgサオを絞る参加者(撮影:TSURINEWS編集部)

一人目の検量

9時半ごろ3号桟橋で一人目の検量希望者が出た。道路向きの中央付近でサオを出していた葛西弘一さんで、重量は9kg。

しかし、ちょうどこのころから風が吹きはじめ、10時を過ぎたころからは予報通り雨が降りだし、選手たちを苦しめる状況に。

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg最初の検量は葛西弘一さん(撮影:TSURINEWS編集部)

天候悪化で11時に終了

その後、3号桟橋の道路向きで2人の検量希望者が出たものの、状況は好転しないまま天気だけが悪化。大雨の予報を受け予定より1時間半早い11時に終了となった。

がまかつへらぶなチーム対抗戦・西日本大会 優勝者は合計19.2kg大会風景(撮影:TSURINEWS編集部)

次のページで優勝ペアを発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。