釣魚レシピ:マダイのグリル・ホワイトソース 自作ソースが決め手

釣魚レシピ:マダイのグリル・ホワイトソース 自作ソースが決め手

マダイを使用して、冷えた白ワインにピッタリな料理を一品ご紹介。簡単に作れるホワイトソースで様々な料理にも活用して頂きたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

その他 レシピ

マダイの釣り方

マダイは陸から釣るか沖で釣るかで多様な釣り方がる。

陸釣り

磯や堤防等での主な釣り方は、ウキを使用したフカセ釣りや、カゴ釣り、ブッコミ釣り、ルアー釣りなどが挙げられる。

沖釣り(遊漁船)

沖釣りでのポピュラーな釣り方として、コマセ、一つテンヤ、タイラバがあり、マニアックな釣り方としては、生きたイカをエサにする所謂「イカダイ」やトラディショナルなご当地釣法のシャクリ、片テン、ビシマ、カモシ釣りなどが挙げられる。

ボート釣り

沖釣りに準じる所が大きいが、「NS釣法」と呼ばれる基本的にはオモリを使用しない完全フカセでの釣り方も人気が高い。

下処理

釣ったマダイの下処理方法を紹介しよう。

釣り場での下処理

鮮度を保つために活き締め・血抜きをした後、海水と氷の入ったクーラーボックスに入れて持ち帰るのがお勧めだ。活き締め・血抜きをしない場合でも特に夏場は最低限氷締めをして持ち帰るようにしたい。

また近年ではワイヤー状の専用器具を使った神経締めも脚光を浴びている。

自宅での下処理

自宅に帰ったら他の魚同様、なるべく早めにウロコとエラ、内臓を取り除きたい。内臓などを取り除いた後は水気をふき取りラップに包んで冷蔵庫に保存。長期保存は冷凍庫へ。

二枚おろしまたは三枚おろしにした後、真空パックに入れて冷蔵または冷凍にするのもお勧めだ。

マダイのグリル~ホワイトソース

それではレシピを解説しよう。

材料(2人前)

マダイ:2切れ(1切れ:100~120g)
塩:適量
胡椒:適量
付け合せの野菜:お好みの野菜150g(例:パプリカ、エリンギ、ブロッコリーなど)

釣魚レシピ:マダイのグリル・ホワイトソース 自作ソースが決め手付け合せはお好みで(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

ホワイトソースの材料

タマネギ:50g
マッシュルーム:50g
バター:20g
小麦粉:大さじ1
牛乳:1カップ
塩:適量
胡椒:適量

次のページで作り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。