大阪湾の春メバリング開幕 メバル15尾に本チヌ(クロダイ)2尾好捕

大阪湾の春メバリング開幕 メバル15尾に本チヌ(クロダイ)2尾好捕

春のメバルの釣り始め。大阪湾のライトゲームアングラーの筆者にとっては、2022年は4月5日がグッドコンディションに恵まれ、すばらしいスタートとなった。実はその一週間前は1尾という貧果に泣いているのだが、この日は15尾超に本チヌも2尾混じった充実の釣果をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

当日の状況

大阪南港の釣り場に立ったのは4月5日の19時頃だった。事前にちょっと用事をして、マヅメはまあ釣れないけれど、メバルは夜闇がしっかり暮れた方が釣れるし、と緩い気持ちで車をゆっくり走らせた。そういう、あえて焦らない心もちの裏には、前回三ヵ月ぶりに釣りに行って春の海の洗礼を思いきり浴びた悔しさもあった。

中潮周りの上げでスタート。20時頃満潮で、上げ潮が効いている時間から釣り始めた。いたってシンプルなメバリングタックル。前回はワームよりもどちらかといえばプラグのこちょこちょとアタったので、シャローレンジ潜行のミノーでキワをトレースしていく。

静穏な海に気配濃厚

東西に長い堤防をプラグスタートで一時間釣る。うーん、なかなか来ない。そう思っていたら突然、乗った。しかし、こいつはバラしてしまった。もうひとつレンジが合っていないのかなと思いながら、この日はなんとなくコロコロとルアーをかえる気になれなかったので、最初のプラグでとりあえずすべて通す。

海はいたって静かで、波っけも風っ気もない。オープンでぱしゃぱしゃとやっているライズ音が聞こえたりするのだが、ボラもうようよいるので打ちにくい。気配はあるのだが、やっぱりプラグでは難しかった。横長の堤防を東に行ききったところで、ワームにチェンジ。

ワームで一発回答

この日はなんだか「リグをコロコロかえるのは違う」という勘があって、いつもはスナップをつけてヘッドウェイトも0.1g単位で調整していく私が、0.6gのヘッドにリーダーを直結した。このヘッドで全部釣ってやる。そんな感じで、微波動のピンテールワームをセット。

大阪湾の春メバリング開幕 メバル15尾に本チヌ(クロダイ)2尾好捕ワームの初投でメバル登場(提供:TSURINEWSライター井上海生)

すると、初投の巻き出しで一発回答。おお、なんだか嬉しい。幸先良い。

ワームの初投でメバル登場

そこからはカタにハマって、同じリグで5、6尾ほど追加。この日のパターンとして、表層の巻きをメインに、ちょっと落としたところでも食ってくる。

また露骨なほど、ワームはチャートカラーにしか反応しなかった。これほど明確なチャートカラーパターンというものは珍しい。私の手数としては比較的後に回るカラーなので、最初になんとなく直感で選んだのも幸いした。

大阪湾の春メバリング開幕 メバル15尾に本チヌ(クロダイ)2尾好捕最大24cmくらい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

最大は24cmの良型である。これくらいになるといい引き込みをする。うん、大満足。

トータルで15尾ほどしとめた。何気にメバルのツ抜け、3年ぶりくらいかも!?

次のページで乗っ込みチヌも登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。