東京湾バチコンアジングに挑戦 ワームの代わりにイソメが裏ワザ?

東京湾バチコンアジングに挑戦 ワームの代わりにイソメが裏ワザ?

各メディアでも紹介された船のバチコンアジ釣り、これから流行はくるのか?コマセ釣りメインの中で感じたそのままをお伝えしたいと思う。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

バチコンアジについて

バーチカル(垂直)に仕掛けを下ろして魚にコンタクト(接触)するアジングの一種、略してバチコン。船釣りではあまり馴染みはないが、堤防やボート釣りでは定番の釣り方である。

タックル

ジグヘッドが0.25gから0.5gの軽いものが主体なので、サオはコツっとくるアタリとアジの軟らかい口切れを防ぐために2m前後のティップがなるべく細い73くらいがいいと思う。

筆者は紅牙にティエラICとタイラバ用で楽しんでいる。

感度が重要で、PEラインは0.4号を推奨しているが、筆者は0.8号に先糸1.25号での釣行であったがアタリもしっかり取れた。先イトを2ヒロ、先端にリグを付け、底から50cm(ここがハリス)の所にハーフヒッチで編み込みを1m行い10号の錘を付ける仕掛けとした。この方が感度はいいが、面倒であれば親子サルカンで同様な仕掛けを作ってもいいだろう。

東京湾バチコンアジングに挑戦 ワームの代わりにイソメが裏ワザ?ジグヘッドリグ(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

釣り方

ゼロテンや誘い上げ下げなど様々なアクションを行ってアタリを出す釣り。また、少し投げて手元に引いてくるのも有効である。イメージはカワハギの誘い方のようなもので、難しく考えることはない。

開始直後はヒットあり

当日は好天に恵まれ満席の20人での出船となった。オオドモは常連である横浜市の前田さん、港区の阿部さんの両エースが陣取り、開門の一時間前の朝4時に到着した筆者は三番手で左舷ミヨシとなった。羽田空港を飛び立つ飛行機や富士山を見ながらポイントの本牧から根岸湾のバース辺りに向かうと、すでに釣り船が集結していた。

釣り始めこそバチコンも釣れていたが、コマセが効いてくるとそこは生エサ、勝ち目はない。

東京湾バチコンアジングに挑戦 ワームの代わりにイソメが裏ワザ?当日の釣り場(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

後半は我慢の釣りへ

トモ側は順調に釣れている中、停泊している大型船を眺めている我慢の釣りへ突入となった。当日は全体的に好調とは言えず、コマセでもアジはどこいったの?状態でポツリポツリ、筆者も引き出しを開けたと言えば聞こえはいいが、痺れを切らしてワームからイソメ、赤タンをリグに付けて参戦した。

さすがにルアーマンから白い目で見られそうだが背に腹はかえられない。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。