有明海の沖のタチウオ釣りで指6本級頭に14本 ジギング&テンヤで手中

有明海の沖のタチウオ釣りで指6本級頭に14本 ジギング&テンヤで手中

連日釣れていると言う有明海のタチウオ、ドラゴン級のタチウオも上がっていると言うので行ってみた。ジギングとテンヤで狙い、指3本~指6本を私は14本、相棒が10本とまずまずの釣果となった釣りの模様をリポートしたい。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター米村祐次)

米村祐次

×閉じる

ソルトルアー オフショア

有明海でタチウオ釣り

4月7日、久しぶりに後輩に誘われて有明海にタチウオ釣りを計画。潮は小潮で、午前11時20分満潮で釣りやすい潮回りだ。

朝7時にマリーナ到着、晴天でベタなぎだ。前日ボートを下ろすのを忘れていて朝からマイボートを下ろして少し出遅れた。三角港を出ると沢山の船団が目の前に現れる。近年人気になってきたタチウオ釣り。手軽に狙え、指3本~指7本のドラゴン級も交じり、引きも楽しめ食べても美味しいのが人気の訳だ。

有明海の沖のタチウオ釣りで指6本級頭に14本 ジギング&テンヤで手中タチウオ狙いの船団(提供:TSURINEWSライター米村祐次)

仕掛け

タチウオテンヤ仕掛けにコノシロやイワシ、大女子(おおなご)などをエサに釣るのが一般的だ。 ここ最近はジギングで狙うようになり、潮次第でどちらが釣れるか分からないようだ。

今日は、ラインはPEラインの0.8号、リーダー12号を一ヒロ半に50cmのワイヤーをセットした。

有明海の沖のタチウオ釣りで指6本級頭に14本 ジギング&テンヤで手中代表的な釣りエサの大女子(提供:TSURINEWSライター米村祐次)

ジギングで指6本級ドラゴン

水深は60m、魚探の反応は底近くだ。朝一はジギングで狙うと、ガツンとアタリがあり上がってきたのは指6本あるドラゴンだ。当たりカラーもその日でかわるようで、この日はシルバー系でアタリが出た。

その後は、ジグをシャクリ続けるもなかなかアタリが出ない。シャクリもスロー巻きから速巻き、ワンピッチジャークといろいろ試すも、正解が分からない。フォールで狙うとボトム近くでイトが止まるので、アワせると乗っている状況だ。

有明海の沖のタチウオ釣りで指6本級頭に14本 ジギング&テンヤで手中良型をキャッチ(提供:TSURINEWSライター米村祐次)

テンヤ釣りへ変更

ジギングもアタればいいが、アタりもしないシャクリは疲れるものだ。テンヤにかえボトムまで落とし、2~3回巻いたら止めの繰り返しで反応があるタナを狙う。

コツンというアタリにアワセを入れ、巻いていると途中で軽くなる。タチウオは上に向かって泳いでくるので、巻くのをやめずに巻き続けるのがコツのようだ。

次のページで釣行時の注意点と釣果を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。