釣り人的「疲労回復」レシピ:イサキの酢の物 残った刺身アレンジにも

釣り人的「疲労回復」レシピ:イサキの酢の物 残った刺身アレンジにも

旬のイサキは脂が乗って格別。刺し身はもちろん、塩焼きなど、いろいろな調理法がある。今回は、あっさりとしたうえ、疲労回復の効果が期待できる「イサキの酢もの」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

小型はリリース

基本的に食べる分だけを持ち帰り、小型はリリースするが、たまにハリを飲み込むケースがある。その際はハリスごと切って放流するのがベストだが、弱ったものは海に放しても死んでしまう。それなら、「ありがたくいただこう」。

持ち帰り方

釣れたイサキは絞めずに、そのままクーラーに入れるだけ。潮氷にしておくのが鮮度を保つコツだ。

下処理

持ち帰ったイサキは頭を落とし、ウロコを剥いでエラとワタを取る。ここまでが下処理になる。

釣り人的「疲労回復」レシピ:イサキの酢の物 残った刺身アレンジにも頭・ワタ・ウロコを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚におろす

次に3枚におろす。大名おろしが簡単でラクだ。

釣り人的「疲労回復」レシピ:イサキの酢の物 残った刺身アレンジにも3枚におろす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚にしたあとは腹骨を取り、フィレの状態にしておく。ちなみに小型は中骨を取らなくても食べる時に気にならない。

釣り人的「疲労回復」レシピ:イサキの酢の物 残った刺身アレンジにも腹骨を取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

斜め切り

すぐに食べない場合はフィレのままキッチンペーパーに包んでラップをかけ、冷蔵室内のチルドで保存。食べる直前に切り分けるといい。

切る時は刺し身の要領で、斜め切りにする。魚のサイズが25m以下であれば6~7mm幅、これ以下のものは2~3等分が食感的にちょうどいい。

酢をかけるだけ

切ったイサギは皿に盛り、塩を軽く振る。最後に酢をかければできあがり。小型のイサギは皮が柔らかく、歯ごたえも最高。好みでワサビをのせてもいい。

完成品の保存も

酢をかけたもの(完成品)で余った場合は、長期保存もできる。その際は酢を切り、キッチンペーパーに包んでラップをかけるだけ。冷蔵室で10日ほど持つ。

食べる時は「追い酢」でOK。ほどよく絞まって美味しい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。