サビキ仕掛けの船メバル釣りで本命不発もガシラ好捕 ワームにもヒット

サビキ仕掛けの船メバル釣りで本命不発もガシラ好捕 ワームにもヒット

3月終わりなのにまだまだ寒い3月24日、和歌山の加太・三邦丸の乗合船を楽しんだ。胴突きサビキシカケでメバルを狙うものの腕が悪くガシラのみヒットした釣行の模様をリポートする。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

有吉紀朗

1967年兵庫県明石市生まれ。奈良県在住。水産系の学校出身で仕事も水産系。小型船舶免許も高校生で取得。釣り歴40年以上だけど下手の横好きで自分が釣れれば誰でも釣れる。

×閉じる

船釣り エサ釣り

三邦丸でメバル釣り

和歌山市加太は千葉の大原並みに釣り船の多い港で、魚影の濃い漁場が港を出てすぐにある。そのため1本釣りの漁業者も多い港だ。数ある遊漁船の中でも、乗船した三邦丸は大型船3隻。釣り物も、釣り方も豊富な人気の船宿。

乗船したのはメバル便というコース。5時半に出港して11時半に帰港する便で、嬉しいのは6000円という値段。氷付とリーズナブル。この他にも午後出港など色々な便がある。これから季節の移りかわりで狙いものと出港時間はかわってくるので、HPなどで確認を。

サビキ仕掛けの船メバル釣りで本命不発もガシラ好捕 ワームにもヒット加太の港(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

受付を済ませ出船

朝4時すぎに、駐車場に到着。平日だから三邦丸駐車場なら余裕と思っていたが、残り僅か。特に一杯になっても加太漁業協同組合の駐車場に止められるが、値段が違う。漁協は700円、三邦は500円。

まず住所や名前を書いて受付をする。次にトイレ。加太で一番美しい。船長が「エサは持っていきません。サビキのみでメバルを狙います、釣れへんでもごめんな」と言って釣り座の抽選。陽があたる右舷側に行きたかったが左舷になった。

サビキ仕掛けの船メバル釣りで本命不発もガシラ好捕 ワームにもヒット三邦丸の事務所(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

イカナゴ瀬でスタート

5時半に漆黒の海に向けて出港。月も冷たく顔覗きこむ。

地の島南のイカナゴ瀬に到着。水深32mで底から8mまで良く映っているということで、仕掛けを投入。底までゆっくり落として、ゆっくり巻き上げるもののアタリがない。

この日の道具は、サオがライトゲーム200にリールはバルケッタ。ミチイトPEライン1号、リーダーはフロロ4号。サビキは船宿で購入したハリス0.8号5本バリ。オモリは六角30号。

誘わないで動かさなくてもアタリがない。他の人は釣っているのかと見える範囲で振り向くが、釣っている姿は見えない。アタリがないうえに寒い。これに耐える。

サビキ仕掛けの船メバル釣りで本命不発もガシラ好捕 ワームにもヒット釣り場風景(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

次のページでカサゴがぽつぽつヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。