【2022年】東京湾エビマゴチ釣り入門 基本タックル・釣り方・釣況

【2022年】東京湾エビマゴチ釣り入門 基本タックル・釣り方・釣況

江戸前の伝統が息づくシンプルな道具立てで人気の東京湾のマゴチ。ここでは、江戸前マゴチ釣りの釣況や活エビエサでの釣りを中心に基本的な釣り方を紹介。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:吉野屋)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

エビマゴチ釣りタックル

基本的なタックルを紹介しよう。

【2022年】東京湾エビマゴチ釣り入門 基本タックル・釣り方・釣況タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

アワセの力を確実に伝達し、ハリ先を貫通させられる胴の強さを持った2.4~3m前後の専用竿が最適。ライトゲーム用などを流用する場合はHもしくはMHクラスが望ましい。手バネを使う人もいる。

リール

早い巻き取りが可能な小型両軸が基本。ミチイトはPEライン1~2号100m以上。手バネであればナイロンラーヂ5~6号。

仕掛け

鋳込み天ビンや三日月オモリなどを介し、5号前後のハリスを1ヒロ程度取ったシンプル仕掛け。

エサのエビが安定するように、ハリ軸にヒューズやイトオモリを5~10回巻き付けることも。

エサ

活エサを長く生かしておくために乾電池式のエアレーションを用意したり、直接触れないように小網を持参するといい。

【2022年】東京湾エビマゴチ釣り入門 基本タックル・釣り方・釣況エサの付け方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

活エサならではの動きを演出するために、弱らないようなエサ付けが肝要で、図を参照に確実に覚えたい。

投入~タナ取り

仕掛けを投入し、着底後に仕掛けの長さ分巻き上げてタナを取る。

マメにタナを取りなおすことが肝要で、特に潮流が速かったり、起伏が激しい場所では重要だ。

アタリ~アワセ

コンと竿先が押さえ込まれるような前アタリがあったら、引きに合わせて竿先を送り込み、徐々に強さが増し、ストロークの長い重みのある引きに変わったところで力いっぱい一気にアワせる。アワセのタイミングや駆け引きがこの釣りのだいご味。アワせたときにガツンと竿に伝わる重量感が病みつきになるはずだ。

【2022年】東京湾エビマゴチ釣り入門 基本タックル・釣り方・釣況良型ゲット(提供:新明丸)

なお、バラした場合、本命ならエビの節からキレイに崩れることが多いが、イカやフグなどでは断面がギザギザになりやすい。

取り込み

竿を立て、曲がりを保ちながらドラグを活用して巻き上げる。よほどの大物でない限りポンピングは不要。

次のページで東京湾の釣況を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。