日中の「ナマズゲーム」で70cm頭に良型8匹  想定外のラッシュ堪能

日中の「ナマズゲーム」で70cm頭に良型8匹  想定外のラッシュ堪能

季節の変わり目に入りこれまでの寒さはどこへ行ったのか。3月13日は夏日のようなポカポカ陽気。この日は愛知県稲沢市を流れる青木川へデイゲームのナマズ釣りに出かけたので、その模様をお届けしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

ロッド忘れて新規購入

青木川へ向かう途中、信号待ちでふと車内を見渡すと、愛用のロッドが見当たらない。しまった!積み忘れていることに気づくが今から戻るのもなぁ。

財布をのぞくと、諭吉が使ってくれと言わんばかりにひょっこり顔を出す。仕方ない、久々に新調するか~。一路イシグロへ寄り道し、ロッドコーナーへ。

ロッドの硬さはMLやM、ULが並んでおり、一般的に使用するラインの強度で使うロッドは決まるが、私の場合はどんな釣りをしたいのかで選ぶようにしている。この日は1匹のナマズとじっくり遊ぶよりも、時間内でどんどんナマズをカバーから引きずり出したかったため、迷わずM(ミディアム)を選んだ。

日中の「ナマズゲーム」で70cm頭に良型8匹  想定外のラッシュ堪能当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

丹陽橋周辺からスタート

釣り場には午後2時ごろに到着。当日は丹陽橋~下赤池橋までを探る。天気は快晴、風はそよ風。水質はスティンで、水温は19度だ。まずは、丹陽橋周辺からスタート。

ここは時期になると岸寄りにウイードが繁茂し、コイやフナ、ボラが多く見られる。ナマズのストック量も期待できるが、今はまだやせ細ったウイードが点在するだけ。

早速タックルをセットし、レーベルのポップR(R50)のナチュラル系を結ぶ。これはポップRの中でもサイズが一番小さいモデルで、軽くてイレギュラーなロッドワークにも機敏に反応し手返しがよいため、サーチベイトとしてよく使う。

日中の「ナマズゲーム」で70cm頭に良型8匹  想定外のラッシュ堪能当日の青木川の様子(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

65cmナマズ頭に連発

手近なウイードのエッジや岸際のブッシュ周りへルアーを落とし、ファストリトリーブで探っていく。すると、シェードの周りで水面がモワッと波立ち、ナマズが飛び出した。ここでアワせるとスッポ抜けてバラすことがあるため、少しラインを送ってからスイープフッキングする。

キャッチしたのは65cmのナマズ。これは幸先のいいスタートだ。その後も釣り歩きながら、同サイズを2匹と60cmを3匹追加できた。どうやら気温が高いせいか、ナマズたちは元気いっぱいのようだ。例年なら1匹でもヒットがあればいい方なのだが…。

日中の「ナマズゲーム」で70cm頭に良型8匹  想定外のラッシュ堪能キャッチしたナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

次のページでは日吉橋周辺のラッシュを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。