イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴも

イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴも

3月16日、福岡県宗像市・大島港の第二大福丸でイサキ五目へ。狙いのイサキはもちろん、イシダイやチカメキントキ、ネリゴなど多彩な釣果が上がったので、当日の釣りの模様をリポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸でイサキ五目釣り

天気予報は南から西の風になるようでウネリは1mとなっていた。

メンバーは佐田さんに西依さん、永尾さん、小幡さん、折田さん、吉武さん、米崎さん、山口さんと私で行く。船長から「出港時間は午前5時で4時30分までには港(神湊港)に来てください」と言われて集まる。

全員がそろったところで出港となり、大島をかわして玄界灘に出てみるとウネリもなくポイントに進む。

イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴもタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

船のエンジンの音がスローになりポイントに到着。釣座に着くと仕掛けを作り、探見丸(パーソナル魚探)をセットして釣り開始の合図を待つ。

同船は探見丸システム搭載で特にイサキ釣りには有利なアイテム。海底の状態などがよく分かって釣りやすい。

アカイサキ&イシダイ登場

1投目の時に船長からイサキを釣るタナの指示があり、海底の状態を見ながら仕掛けを落とす。仕掛けが指示ダナにきたらまきエサを振り出し、まきエサが仕掛けに絡みだすとすぐにアタリがでだした。

サオ先に小さいアタリがでて、リールを巻くと引きもなく上がってきたのはアカイサキだ。

イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴもアカイサキゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

1投ごとにアタリがでる。3投目、誘いを掛けるとサオ先が海面に突き刺さる。引きも良く海面に来るまではリールが何度も止まるような引きがあるのでゆっくり上げる。

海面に浮上してきたのはイシダイ2.3kg級で縞模様が消えかかっていた(ちなみに前回もイシダイの2kg級が掛かった)。

タナ取り丁寧にイサキゲット

私は右舷ミヨシで小幡さんは右舷胴の間、西依さんは機関場に座り、この2人は朝のうちはアタリがでないと嘆いていた。このイサキ釣りではタナ取りがキモで、リールの設定などが狂っていると釣りにならない。

イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴも本命手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

しかし、両名は時間がたつにつれてアタリが取れだし、イサキやチカメキントキを掛けていた。

イサキ五目釣りで釣果多彩 丁寧なタナ取りでイシダイやネリゴもチカメキントキ登場(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで多彩な土産を確保!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。