【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方

【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方

根強いファンの多い東京湾のマコガレイ。今回は、そんな釣りのタックルやエサ付けや基本的な釣り方や注意点などを紹介。参考にしてほしい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

マコガレイ釣りタックル

マコガレイ狙いの基本的なタックルを紹介しよう。

【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

置き竿

オモリ25号を使うことができる7対3~6対4調子。小型両軸リール。

投げ用

軽く投げて広範囲を探るなら、硬めのキス竿に小型スピニングリール。

ミチイト

PEラインの1~2号やナイロンライン3号前後。ただし、人数が多い場合や複雑な潮流れのときは、釣り人のミチイトの太さが大きく異なると、オマツリしやすくなるので注意したい。

仕掛け

市販品を購入するのであれば、「東京湾」などと書いてあるものを選ぶといい。茨城や東北で使われるものは、ハリスが太かったり、装飾が多数付いていることがあり、東京湾では不向き。

自作するのであれば、ハリス2~3号全長1m以内に。長くすると集魚オモリを使っても効果が薄れ、エサ取りのアタリでさえ分からなくなってしまう。ハリはカレイまたは流線9~12号2本バリ。

特性仕掛けでサクラマス用のハリを使った独自構造の仕掛けもある。

釣りの前の注意

乗合船の場合は、人数が多くなると複数の竿が出せないケースもあるので、必ず2本以上出したいのであれば、事前に船長から了承をえること。また、1人で出すことができる竿数を制限していることもあるので注意したい。

【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方複数竿を出す場合は事前に連絡を(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

どちらにせよ、たくさん竿を出しても、自身が管理しきれない数では釣果アップは見込めない。1、2本から始めてみよう。

エサ付け

エサは青イソメの房掛けが基本。

【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方エサ付け一例(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

2本バリ仕掛けなら、ハリスとの絡みを避けるため上バリには2匹、下バリには10~12cmを3匹。経験上、切らずに使うよりは、長いものを切ってチョン掛けにしたほうがエサの匂いが出るのでアタリが明確だ。

【2022年】船マコガレイ釣り入門 タックル・エサ付け・基本の釣り方エサの付け方(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

次のページで基本的な釣り方を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。