イワシの泳がせ釣りでマハタ好調 3.6kg頭に良型まじりで顔出し

イワシの泳がせ釣りでマハタ好調 3.6kg頭に良型まじりで顔出し

外房大原の春日丸からマハタ狙いで釣行した。竿頭は3.6kg頭に2kg超え含み3尾にカサゴ。オデコも出てしまったがほぼ全員が型を見、ゲスト交え好土産となった当日の釣りをリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でマハタ狙い

3月3日(木)、港に着くと北風がかなり強いが、この日はヤリイカとマハタの2隻出し。

4時すぎに船長たちが船着場に到着し、中井成明船長の舵取りで、左舷ミヨシと胴の間に篠原さん親子、右舷はミヨシに常連の田中さん、と私。

ヤリイカ船に続いて4時40分出船し、5時半に「着きました」と船長からのアナウンス。

北風が強くウネリで船が大きく揺れるなか、スパンカーが上がりエサの活イワシが各自に配られる。

「やってみましょう。現在水深28m、水深24mくらいまで浅くなっていくので、根掛かりに気を付けてどんどん(仕掛けを)入れ直しましょう。落として直ぐアタることもありますよ」と開始の合図。

400g級本命からスタート

イワシの鼻の硬い部分に親バリを刺し、背ビレ後方に孫バリを掛けて仕掛けを投入。

さらに船長から「底着いたらすぐ1mくらい上げてください。浅くなっていくのでこまめに底を取り直して」と全員にアドバイス。

オモリが着底したらすぐに1m上げたタナを狙ったが、ウネリが大きく竿や仕掛けがアオられ、上手くタナをキープできない。アタリをだすことができないまま「上げてください」と船長からアナウンス。

6時前、「いいですよ。水深29m、21mくらいまで浅くなっていきます。根掛かりに気を付けて」と移動して再開すると、コンコンコンとアタリが続き、グンと引き込んでハリ掛かり。400g級本命を上げたがすぐに移動の合図。

1.5kg級ヒラメ登場

移動後は、常連の田中さんにヒット、タモ取りされたのは1kg級本命。そして、ほぼ同時に私の竿に断続的なアタリのあとでギューンと突っ込んで1.5kg級ヒラメ。

イワシの泳がせ釣りでマハタ好調 3.6kg頭に良型まじりで顔出し1.5kg級ヒラメキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

さらに1尾目と同級の本命も追加すると、田中さんの竿が大きく曲がったがバラシ。左舷の篠原さん親子も息子に1kg超え本命。

7時前、水深27mから探ったがこの流しはノーヒット。風は弱くなってきたが、依然ウネリは強い。

3.6kg頭に本命続々

7時半、「水深23m、18mくらいまで浅くなりますから」というアナウンスで再開。5分後には田中さんにアタッたがエソで、15分後には再び移動の合図。

8時前に、水深25m前後の荒い根周りを狙うと、篠原さんに1kg級本命。

イワシの泳がせ釣りでマハタ好調 3.6kg頭に良型まじりで顔出し1kg級手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

次に移動した先は水深28m~15mまで浅くなる根周りで、田中さんにヒットすると「竿を立てて!根に潜られないように」と船長から声が掛かり、強烈な引き込みをなんとかこらえて、根から引き離すと船長の差し出すタモに滑り込み、3.6kg本命。さらに、次の流しでも同氏は2kg超えを上げて絶好調。

イワシの泳がせ釣りでマハタ好調 3.6kg頭に良型まじりで顔出し良型浮上(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

9時半にはウネリがおとなしくなると、左舷トモで本命。さらに、さまざまな釣り場を転戦。10時すぎには水深32m~25mラインを狙うと私にアタリがあったが、上がってきたのは傷ついたエサのイワシ。さらに、田中さんは良型カサゴを追加。

その後最終流しまで全員粘ったが11時半ごろ冲上がりした。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。