春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打

春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打

春の良型にあやかりたいと、三重県志摩市片田の遊漁船でティップラン単独釣行した。目標はホワイトモンスター。釣果はキロアップばかりで船中全員安打となった釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

大型アオリイカ狙いティップラン

昨年秋の数釣りシーズンは最悪な結果となったティップラン。春の良型にあやかりたいと3月4日、三重県志摩市片田の遊漁船に単独釣行した。

出船は午前5時45分だが、早めに駐車場に到着するとすぐに船長はやって来た。久しぶりのティップラン。アングラーは常連を含め5人だ。

私は予約順でトモを選択。ポイントまで20分。到着するといい感じで風が吹いており、絶好のティップラン日和だ。「48mです。だんだん深くなります。始めてください」と声がかかった。

春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

まずはダートマックス30g+シンカー40gでスタート。ボトム確認後、8回シャクリでステイ。反応はない。回収して90gセットのエギに交換した。船は1ktで流れており、今にも釣れそうな雰囲気だが、誰ひとりバイトはない。

大型アオリイカ浮上

8時ごろ、胴のアングラーにヒット。船長がタモを持って駆け付ける途中で、ラインからテンションが抜けた。残念ながらバレてしまった。

しかし、このバラシで船全体のモチベーションアップにつながった。バラシ以降ノーバイトが続いたが、ポイントを浅場に変えた時に時合いは突然やってきた。

9時半ごろ、やや風が緩んできたので、80gに落としボトムまでフォール。6回シャクリでステイ。すると、ティップが戻り、ラインが緩んだ。すかさずアワセを入れると、ジィィィージィィィーとPEラインが引き出された。良型のようだ。

船長に声をかけ、ゆっくりと取り込み開始。途中2度ほどラインが出されたが、20mほどにアオリイカが浮かんだ。2kgまでは届かないが良型だ。そして無事タモに収まった。

すると胴のアングラーにもヒット。同サイズを取り込んだ。時合いに突入だ。

春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打エギはダートマックス(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

時合いには船中5連発!

船長は私の隣のアングラーに「1人だけ飛んだね」と冗談を言うと、その直後だった。隣のアングラーにヒット。そのドラグから聞こえる悲鳴はかなりの大物だ。上がってきたのは軽く2kgを超えたオスの本命だ。

次にきたのはミヨシから2番目のアングラー。これも大きい。船長はでかいイカを持ったまま船首に走り、それも取り込んだ。

すると、隣のアングラーにまたもヒット。一瞬根掛かり?と間違う着底ヒットだ。これも良型で無事に取り込んだ。わずか30分の間に連続5匹キャッチだ。

アタリが落ち着いたところで、船長は潮上りを開始。同じポイントを流してくれた。すると、ミヨシのアングラーにヒット。1kgを超える良型が上がってきた。これで全員安打となった。

春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打タックルは2セット持ち込んだ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

キロアップばかり全員安打

そして9時半から約1時間釣れた後、アタリは遠のいていった。そのうちに風はやんでいき、11時には無風となった。

11時すぎにカップ麺を食べてひと息入れると、船長は場所替えを決めた。今度は40mラインとなり、風も急に吹きだした。チャンスと思い粘っていると、ティップがモソッと小さく動いた。すかさずアワセを入れたが、乗らなかったのでもう一度フォールを入れステイ。するときた!ヒットだ。重量感から大きくはない。上がってきたのは1kg程度のメスだ。

春のティップランエギングで2.6kg頭にキロアップばかりで船中全員安打なんとか全員安打を達成(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

次のページで最終釣果とサイズを発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。