堤防での夜釣りで本命アナゴ12匹手中 ふ頭の真下狙いが的中

堤防での夜釣りで本命アナゴ12匹手中 ふ頭の真下狙いが的中

三重県四日市の霞ケ浦ふ頭の夜釣りでアナゴ狙った。釣って楽しく、食べてもおいしいアナゴ釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り

三重県四日市の霞ケ浦ふ頭のマダカは季節が変わって移動し始めたようなので、今回は食べておいしいアナゴを狙って釣行した。

2月24日の午後5時30分、いつものように桑名のフィッシング遊でエサのアオイソメを購入してふ頭へ向かった。

堤防での夜釣りで本命アナゴ12匹手中 ふ頭の真下狙いが的中霞ヶ浦ふ頭周辺略図(作図:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

石炭ふ頭の東側、沖側が良さそうなので、白い鉄塔の近くに入ることにした。ここは水深8mほどで、ポイントは真下。ついつい沖に投げたくなるが、アナゴは夜になると砂地から出てきて障害物の周りを回遊していると思われるので、ふ頭の真下がいいと思う。

アナゴ釣りの仕掛け

堤防での夜釣りで本命アナゴ12匹手中 ふ頭の真下狙いが的中当日のアナゴ仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

私の釣り方は、短めのサオに適当なリールを付け、ラインはナイロン。仕掛けが海底に着いたら、スピニングリールのスプールに付いているイト止めにラインを掛ける。これで仕掛けを回収しても毎回迷うことなくタナを決められる。

アナゴの釣り方

アナゴ釣りは、特別な仕掛けやテクニックは必要ないため誰でも楽しむことができるが、ポイントは必ず底を取ること。明確なアタリはない。

アナゴは待ちの釣りなので、私はタックルを4セット用意して、さしエサを確認する意味もあって15分置きに順番に巻き上げている。

ここでヒットしていれば上げるし、さしエサが取られていればエサを付けて再び投入する。

最終釣果

当日もこの釣り方で35cmを頭に3時間で12匹釣ることができた。

堤防での夜釣りで本命アナゴ12匹手中 ふ頭の真下狙いが的中ふ頭で真下を狙ってアナゴをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光)

アナゴをさばくのも難しいと思われがちだが、動画で要領を知れば意外に簡単だし、ウロコを取らなくていいので手間もかからない。私も動画を見てさばけるようになった。天ぷらはもちろん、しょうがの細切りを混ぜためんつゆで煮るととてもおいしい。

釣って楽しく、食べてもおいしいアナゴ。ぜひ挑戦してほしい。きっと幸せな気持ちになれるだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・日比野昭光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市・霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年3月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。