玄界灘の沖五目釣りでクーラー満タン レンコダイ他タカバにアマダイ

玄界灘の沖五目釣りでクーラー満タン レンコダイ他タカバにアマダイ

2月24日、福岡県宗像・大島の第二大福丸で沖五目釣りの予約を入れて釣行することになった。レンコ連発に高級魚満開で、釣果はアマダイが2尾にアオナは1人平均5尾、タカバ1尾、レンコは私の40Lクーラーに満タンとなった釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸で沖五目釣り

当日の天気予報は西の風でウネリは2~1.5mとの予報。出港時間は午前5時30分と言われたので釣友の佐田さんを迎えに行き、神湊港に着いてみると風が少し吹いていた。

玄界灘の沖五目釣りでクーラー満タン レンコダイ他タカバにアマダイタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

船は5時すぎにやって来て、みんながそろったところで出港となる。ポイントに向かって進むと多少は船も釣れる。私は船が走りだして前の船室に入って仮眠を取る。

当日のメンバーは、北九州市戸畑区の佐田さん、八幡東区の平田さん、田川市の折田さんのグループの吉武さんに小野さん、浅生さんで、後は水田さんに大津さんだ。

アオナにアマダイが登場

ポイントに着くころに辺りが明るくなるように船は走ってくれて、仕掛けを作るとすぐに釣り開始になった。

私は最初の仕掛けはハリ2本で活アジを付けてアオナ、タカバなどを狙ってみた。が、アタリがでないのですぐに仕掛けを交換。

1投目に掛けたのは右舷ミヨシの平田さん。見るとアオナの1.2kg級を上げていた。

玄界灘の沖五目釣りでクーラー満タン レンコダイ他タカバにアマダイ良型手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

ちなみに平田さんは船酔い状態で、レンコを釣らないのと聞くと、エビをハリにつける時に集中して見るので船酔いが激しくなると言っていた。それでもアオナをよく掛けており、型も0.8~2kg級までを掛けていた。

一方、佐田さんを見るとアオナの0.7~1.8kg級に、アマダイの53cm級を掛けていた。エサを聞くとイカに来たとか。

玄界灘の沖五目釣りでクーラー満タン レンコダイ他タカバにアマダイ大型アマダイを仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページはレンコ数釣りでクーラーいっぱい!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。