レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成

レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成

釣友の橋本さんら4人のメンバーで、近年人気沸騰中のシロアマダイを狙って三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄を訪れた。サイズアップには苦戦したが、終わってみれば4人でシロアマダイ46.5cmを頭に11匹、イトヨリ、メイチダイなどこの時期にしてはまずまずの釣果となったのでリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

Avatar photo TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

フィッシング光栄でシロアマダイ釣り

2月15日に釣友の橋本さんら4人のメンバーで、三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄を訪れた。今回の狙いは近年人気沸騰中のシロアマダイ。水温が下がったこの時期でも連日釣果が上がっている。

いつもはティップランでのアオリイカやアカハタ、オオモンハタなどのロックフィッシュと併せて狙うことが多いが、今回はシロアマダイ一本勝負だ。

レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成フィッシング光栄のレンタルボート提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

当日の天候は晴れ。しかし沖は前日からのウネリが残る予報だ。現地に到着しカリスマ船頭こと佐々木船長に最近の状況を聞く。最近の傾向としては、普段よく釣れる40mラインは小型のシロアマダイが多く、良型は比較的水深がある50~60mラインで釣れているとのことだ。

しかし、深場では数が出にくいため、深場の良型から狙うか浅場で様子を見るか悩みつつ、午前6時45分に三浦漁港を出港した。

序盤は小型中心

沖に出てみると天気予報の通りウネリが残っている。2m近いウネリがあり、仕掛けを安定させることが難しく難しい釣りになりそうだ。

まずは大型狙いで水深50m付近のポイントへ船を入れ、ドテラ流しで水深が深い方へ船を流していくことにした。今回もいつも通りテンビンフカセをメインにタイラバ、スーパーライトジギングも併用して狙っていく。

夏場の釣りはアタリが多くあるが、この時期はエサ取りも少なく、なかなかアタリが出ない。水深50mラインでまずは橋本さんに小型ながら本命のシロアマダイがヒット。タイラバで狙っていた同船者にもアタリがあったものの、残念ながらフッキングには至らなかった。

レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成前半はこのサイズが多かった提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

深場をひと通り探り、小型のシロアマダイが数匹ヒットしたが良型からの反応がないため、沖の漁礁周りへ移動した。漁礁が近づくと本命以外のアタリがあるが、なかなかシロアマダイがヒットしない。ここで思い切って狙いを変えて、実績のある浅場のポイントへ移動した。

サイズアップ難渋

水温が高い時期に調子が良かった水深40m付近を探っていくが、やはり状況は変わらない。この状況を打開すべく、ポイントを大きく移動。普段はあまり狙わない鈴島前のポイントへ移動し仕掛けを投入する。

レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成特大イトヨリのうれしいゲストも提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

するとすぐに同船者にアタリがありヒット。このポイントでも小型のシロアマダイが数匹顔を見せたが、やはりサイズアップにつながらない。

レンタルボートでシロアマダイ釣り 4人で46cm頭に本命2ケタ釣果達成同船者は序盤から好調提供:週刊つりニュース中部版APC・桑原一幸)

気がつけばあっという間に時間が過ぎ、午前11時半。ここで潮止まりを迎えたため、潮変わりで海況が好転していることを期待して、再び午前中に流した実績ポイントへ移動した。

次のページで終盤に46.5cmドラマ魚登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。