真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?

真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?

引き続き厳寒期ではありますが、少しでも寒さが緩んだ日は淡水小物釣りへゴー。今回はオイカワ・カワムツ・タカハヤ合わせて17匹を手中にできた釣行をレポートします。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター中辻久範)

中辻久範

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

弁天谷川で淡水小物釣り

2月18日は午前8時半に起床。この日は一日仕事オフでした。いつもは午前5時起きなんですが、休みなんでなかなか布団から抜け出せませんでした。頑張って布団から抜け出すと、思ったよりも暖かい。釣竿を取りに外の物置に出ても、それほど寒くは感じられませんでした。

気温は10度、そりゃ暖かいわけだ。太陽も出ていて、快晴でした。これはチャンス日だということで、平野部の弁天谷川に自転車を走らせます。

釣りという遊びはシミュレーションが大切な遊びです。自宅は10度でも、水辺に出れば5度ぐらいと読みました。

まず、山間部より平野部で確実な釣果を得たいがため、和歌山県伊都郡かつらぎ町妙寺付近の弁天谷川(紀ノ川中流エリア)を選んだわけです。

活性高くカワムツ連発

午前9時前にいつもの水門下小堰堤のポイントに到着。川を覗き込むと底の方でピカピカと光っております。この光はオイカワが活性高く泳いでいる証拠ですね。

真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?弁天谷川のマイポイント(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

この時、コイはいませんでした。中層で黒い魚影、これはカワムツの群れです。釣り場に到着してもそう寒くはありませんでした。活性は高いと言えるでしょう。

早速、カーボン製タナゴ竿1.5mにミチイト1号、3号玉ウキ、ガン玉5号、そしてK社0.4号糸付金袖2号の玉ウキ仕掛けをセットします。

真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?あいも変わらずのK社金袖2号(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

仕掛けを投入する前にポークソーセージを10玉ほど細く千切り、ポイントに撒きます。これは魚を寄せるためです。

ここでようやく仕掛けを投入。撒いたソーセージをついばみにきております。針につけたエサにも魚が突進してくるのが見えました。エサが消えた時点でウキを見ることもなく、即アワセ、そしてヒット。

8cmのカワムツの上口を金袖2号は貫いてくれていました。ここからバラシもありましたが午前10時までに同サイズを4匹追加しました。

オイカワ混じりで追釣

午前10時を過ぎると魚影はあるんですが、アタリが止まりました。スレもあるんでしょう。また10玉ほどソーセージを撒いて粘ります。苦痛なほどの寒さではない日にしろ、アタリが止まった時間というのは寒さが身にしみるものです。帰るかどうか迷いましたが、引き続き粘ることを決意します。

午前10時40分過ぎからまたアタリが出始めました。ここから1時間はひっきりなしにアタリが出ます。心なしかサイズも上げってきました。ちなみに8匹目の魚は8cmのオイカワでした。

真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?オイカワも交じる(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

この魚、和歌山では減ってきており、今となっては高級魚です。もちろんリリースして引き続き魚とのやりとりを楽しむこと1時間、午前11時40分までに14cmのカワムツを筆頭に13匹の弁天谷川での釣果でした。

真冬の淡水小物釣りで3魚種2ケタ釣果達成 経験を元にした読みが的中?まあまあの型14cmカワムツ(提供:TSURINEWSライター中辻久範)

次のページでタカハヤ狙いで嵯峨谷川へ転戦!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。