堤防でのフカセ釣りで五目釣り堪能 置き竿で大型カワハギをキャッチ

堤防でのフカセ釣りで五目釣り堪能 置き竿で大型カワハギをキャッチ

北九州市門司の太刀浦でサオ出し。今回は釣れるものはなんでも釣りたいとターゲットを決めずの釣行です。重量級のヒットはばらしてしまいましたが、金メバルにカワハギが遊んでくれた当日の釣りの模様をお届けします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

堤防でフカセ釣り

1月27日、北九州市門司の太刀浦へ半日釣りのつもりで主人とフカセ釣りへ。今回は釣れるものはなんでも釣りたいと用意したまきエサは、半日分としてオキアミ2角にグレの道と爆寄せチヌをブレンド、さらに余っていたアミパワーグレスペシャルを混ぜたもの。

テニスボール大にしたものを10個ほどサオ1本先に投入します。水面下2mぐらいで小魚(メバルやフグ、カワハギ)が食べていました。

堤防でのフカセ釣りで五目釣り堪能 置き竿で大型カワハギをキャッチタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

カワハギ登場

仕掛けを準備し、つけエサのくわせオキアミスペシャルをつけてサオ先5mあたりを流します。10mほど流して回収するとエサが消えていました。主人も同じようで、つけエサをいろいろと交換しているようです。

そこで仕掛けを交換して、つけエサをくわせオキアミスーパーハードの頭を取って小さく付けてみました。

小さなアタリがあったので誘いをかけるとガツーンとヒット。上がって来たのはカワハギでした。10cmほどでしたのでリリースしました。

底付近で金メバルゲット

主人が仕掛けを替えてウキ下8mにして釣っているのを見て、私も1号ウキと水中ウキをセットにした仕掛けに替え、特鮮むきエビを半分にしてつけたものを投入してみました。

ウキの上にまきエサを5杯ほど打って流していると、小さなアタリに続いてウキが消し込んでくれてガツンと重いヒット。

堤防でのフカセ釣りで五目釣り堪能 置き竿で大型カワハギをキャッチ釣り場概況図(作図:週刊つりニュース西部版APC・上瀧洋子)

リールからイトが出ていく中、主人がタモの準備をしてくれています。しかし、ハリスを1号にしていたためロッドを大きく曲げた途端にハリス切れしてしまいました。

大きな魚は底で食っているようです。ハリスを1.25号に、ハリも元輝グレ5号にしてウキ下7mで流すと、すぐにアタリ。上がって来たのは金メバルでした。

次のページで置き竿に大型カワハギヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。