【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調

福岡県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。ジギングでヒラマサ16kg、ブリ10kg頭に青物大爆釣。良型主体に手堅くお土産を確保できる。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:Elephant)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

千春丸&蛭子丸

2月14日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸&蛭子丸の案内で芦屋沖へルアー船で出船した小倉釣りクラブJustLjghtのメンバーはサワラ5kg、マダイ、スズキなどを仕留めてその魚体を見せてくれた。ほかタイラバではマダイ、根魚も期待。沖五目はアマ、レンコ、根魚など魚種多彩に交えて狙いめ。スロージギングやSLJではヒラマサ、ヒラメなども期待。各種出船予約受け付け中。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調サワラ5kgを仕留めた(提供:千春丸&蛭子丸)
▼この釣り船について
千春丸&蛭子丸
出船場所:柏原漁港

海龍丸

2月14日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸がジギング・電動ジギング便で芦屋沖~玄界灘方面へ出船。ヒラマサ16kg頭にメーター級の大型も上がり、ブリ13kg、10kg、9kgなど大型交えてヤズ、ヒラゴクラスは全員安打で後半は入れ食い状態が続き好ヒットを堪能して土産をキープ。ジギング・電動ジギングは大型青物交えて好ヒット期待大。2月、3月ジギング、電動ジギング便の出船を募集中。詳細はホームページ、または船長に確認を。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調メーター級大型浮上(提供:海龍丸)
▼この釣り船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

ピスケス

2月9日、福岡市西区の姪浜漁港からピスケスが博多湾タチウオ釣りに出船。午前8時に港を出て、釣り場までは間もなく到着。ジギングをした山添恭平さんがタチウオ指6本サイズ(全長130cm)、指5本半サイズ(120cm)を釣り上げた。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調良型タチウオゲット(提供:ピスケス)
▼この釣り船について
ピスケス
出船場所:姪浜漁港

海遊丸

2月11日、福岡市西区の姪浜能古島渡船場から宮ノ浦の海遊丸が玄界灘の寒ブリジギングに出船。船長は「朝のラッシュタイムはなかったものの、一日中、ぽつぽつとヒット。最も数を釣り上げた人はブリ7尾で大型クーラーも満タン。潮が緩いためか、ヒットしてもバラシが多発。船にブリ、ヒラマサ、マダイ、ネリゴ(中小型カンパチ)、カツオなどが取り込まれた」とのこと。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調手堅く青物手中(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

SEASON

2月11日、福岡市西区唐泊のSEASONが玄界灘の寒ブリジギングに出船。ブリ9kg頭に7~8kg主体でヒラマサ交じり青物12尾。アタリが連発した時間帯があり、良型ヒラマサも交じっている。チャーターでスロージギングも対応可能。タイラバもこれから出船予定。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調寒ブリジギングでアタリ連発(提供:SEASON)
▼この釣り船について
SEASON
出船場所:唐泊漁港

2月7日、福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のヒラマサ、寒ブリ狙いジギング・キャスティングゲームに出船。ヒラマサ狙いキャスティングから釣り開始。ワンバイトあるが雰囲気はいまいち。土産の寒ブリ狙いに移動。キャスティング・ジギングともに連続ヒットして良型以外はリリースしながら全員安打。1時間の間に10kgオーバーが5尾キャッチされており、船長もビックリ。ヒラマサに再チャレンジして、苦戦する中で良型ヒラマサをゲットしている。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調10kg超え5尾ゲット(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

幸風

2月12日、福岡市中央区港かもめ広場前から幸風が玄界灘の寒ブリジギングに出船。ブリ8~9kgを頭に船中で30尾くらい。1人でブリ8尾をキープする人もいた。船長は「割とワラサ(中型ブリ)が多い。場所によっては小型が入れ食いする。小型はキャッチしてもリリースしながら釣っているから数は増えないが、青物は多い」とのこと。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調良型ブリ多数キャッチ(提供:幸風)
▼この釣り船について
幸風
出船場所:中央区港

海晃丸

2月12日、福岡市中央区港かもめ広場前から海晃丸が玄界灘の寒ブリジギングに出船。ブリの最大サイズは10kg。平均サイズが6~7kgの大型揃いで、ヤズサイズが数尾にヒラマサ4kgが交じって船中で青物が40尾くらいと好捕。船長は「いい反応がでている。潮が動けば青物がヒットしている」と話しており、寒ブリジギングのほかサンマ手繰りに出船しており、これからタイラバも出船を予定。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調最大10kg頭に大型揃い(提供:海晃丸)
▼この釣り船について
海晃丸
出船場所:かもめ広場前

EBISUYA

2月12日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、響灘にタイラバで出船。マダイやアマダイ、ヒラマサ、大型タカバなども交え多彩にヒットした。今後も多彩な好土産が期待できる。海況厳しいが順調だ。ティップランエギング出船中。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調好土産キャッチ(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

海燕

2月12日、北九州市・小倉港から案内中の海燕がタイラバ&SLJで響灘へ出船すると、船中ではマダイ1~2kg、ブリ5kg超え、アラカブ~ボッコ、レンコ、イトヨリ、アオナ、タカバなどに加えタイラバサビキで狙った人にはアジ25~30cmもヒットし、いい土産ができたようだ。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調多彩な土産を確保(提供:海燕)
▼この釣り船について
海燕
出船場所:小倉港
TEL:090-1971-1254

Elephant

2月11~13日、北九州市・小倉港のElephantがジギングで響灘へ出船すると、船中ではヒラマサ7kg頭やブリ7kg頭など3日間で計33尾の青物が上がった。大型ヒラメ6.5kgやマダイもヒットしている。船長は「ベイトが入ってきたので、大型魚の爆釣が望めますよ!」と話している。

【福岡】オフショアルアー最新釣果 ジギング&タイラバで青物好調大型青物の爆釣が望める(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年2月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。