【2022年】関東の船イシモチ釣り入門 タックル・釣り方・釣況を解説

【2022年】関東の船イシモチ釣り入門 タックル・釣り方・釣況を解説

関東の釣りではイシモチの名前で通っているが、標準和名はシログチ。周年狙えるが、多くの船宿の釣り物に上がってくるのは春と秋~冬。シロギスのような手軽さがありながら、アタり方が派手で、10尾程度でも十分なおかずになる嬉しいターゲットだ。ここでは船から狙うイシモチのタックルや釣り方を紹介する。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イシモチ釣りのタックル

イシモチ狙いの基本的なタックルを紹介しよう。

【2022年】関東の船イシモチ釣り入門 タックル・釣り方・釣況を解説タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

専用竿はなく、汎用性の高い小物釣り用で十分に対応可能だが、竿先が柔軟で、胴調子のものがオススメ。6対4~5対5調子で、長さは2.4~2.7m。オモリ負荷20~30号のライトタックル用やメバル用が好適で、2m程度のキス竿でも対応できる。

【2022年】関東の船イシモチ釣り入門 タックル・釣り方・釣況を解説胴調子の竿が最適(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

リール

船下狙いになるため、PEライン1~2号を100m巻ける小型両軸リールが扱いやすい。冬季は水深50~60mを狙うことがあるので、コンパクトな小型電動リールも選択肢の一つ。

ベテランのなかには、食い込みのよさとクッション性からナイロンラインを巻いたスピニングリールを使用し、キャストして広範囲を狙う人もいる。

仕掛け

アジ釣りなどのゲストで掛かることもあるが、専用の仕掛けは胴突きスタイル。ミキイトはフロロカーボンライン3~4号で、枝スは同じく1.5~2号を30cm程度でセットした2~3本バリ。枝スの接続には、交換可能なSサイズのクロスビーズなどを装着したい。

ハリはムツ12号前後のほか、丸セイゴの12号前後。根掛かりでハリ先が甘くなったり、ハリスが縮れることもあるため、交換用にハリス付きの予備バリを準備しておけば万全だ。

オモリは小田原型などの25~30号を使用。

便利グッズ

2本竿を出すことも少なくないため、置き竿にできるようにロッドキーパーがあると便利。

また、血抜き用のキッチンバサミや、日並みがよければ船上干し用のロープがあってもいい。

船イシモチの釣り方

エサは青イソメで、チョン掛けか1~2匹を追加した房掛け。

釣り方は、海底の起伏に合わせてオモリが船の揺れでトントンと底をたたく位置をキープするのが基本。ゆっくりと竿を持ち上げて50cm~1m聞き上げたり落とし込むと有効なこともある。

最初のアタリは、派手に竿先をたたくように出る。しかし、ここでアワセを入れてもハリ掛かりすることは少ない。ガガッという前アタリが出たてからゆっくりと聞き上げると、魚は追い食いしてくる。そして、魚が反転して竿先が持っていかれたところでハリ掛かりさせるイメージだ。

掛かると力強い抵抗を見せるので、竿を立てて構え、竿の弾力を生かしながら一定のスピードで巻き上げよう。

血抜きのススメ

この魚は血にやや独特の臭みがある。アフターフィッシングを有意義に楽しむためにも、釣り上げたらすぐに血抜きを。ノド元部分をエラとともにハサミで切ってバケツに泳がせておき、血が抜けたらクーラーに入れればOKだ。

【2022年】関東の船イシモチ釣り入門 タックル・釣り方・釣況を解説イシモチの血抜き(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

次のページで東京湾の釣況を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。