真冬の投げキス釣りで越冬ギス2桁釣果に満足 アワセ方の工夫が奏功

真冬の投げキス釣りで越冬ギス2桁釣果に満足 アワセ方の工夫が奏功

キスはこの時期、海水温を考えると和歌山だと御坊以南が狙いやすいと思う。さらに確実に釣果を見たいのであれば、水深のある港内や岩礁周辺の砂泥底をマークする方が堅い。そんなわけで、比較的日並みのいい日を選んで印南港で軽く試し釣りしてみた。そのときの釣況を報告する。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野博)

牧野博

初めて投げ竿を持ったのはもう50年近く前、関東で就職してからクラブに入会し、投げ釣りの面白さに魅了されました。根掛かりの多い砂地の磯場や河口内でわざわざ引き釣りをするという特異な習性があるほか、秋にはヘラ竿を持って汽水域を徘徊することもあるようです。

×閉じる

海釣り 投釣り

先端部に移動して追釣し2ケタ

先端部に入っていたアングラーが帰られたので、そこに入って投げる、一度大きめの魚信で20cmクラスを掛けたが、足元から波止に抜き上げるときに惜しくもハリ外れ。めげずに3色ゾーン中心に探り続け、キスを追加。5時半に終了した。

キスは17cmまでを10匹、短時間のお気楽釣行であるが、何とか2ケタをマークできた。

厳寒期のキス攻略のコツ

この時期のキスは水温が低下しているので、アタリがあっても食い込まないことが多い。小さな前触れのアタリがキャッチできたら、ミチイトを緩めず張らずの状態で少し食い込ませ、その後はしばらくゆっくりリーリングする。このときにさらに魚信がくるときもある。

取り込みのリーリングスピードは根掛かりの多少によって当然かえる必要があるが、私は可能な限りスローなリーリングを心掛けている。正直言って効率の面では劣るが、このほうが途中でのハリ外れが少ない。

<牧野博/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
印南港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。