穴場の『汽水域でのルアー釣り』のススメ 魚種やストック量は想像以上

穴場の『汽水域でのルアー釣り』のススメ 魚種やストック量は想像以上

ショアのソルトルアーのアングラーには汽水域での釣りをおすすめします。水質にもよりますが、たいへん豊富な魚種が狙える上、意外な魚が海水のポイントよりもしっかりと密度濃く居着いていたりします。汽水域の釣りの魅力について、ここでは紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

Avatar photo
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

汽水域と釣り

まず、汽水域とは。海に河が注ぎこむ場所のことです。海ほど塩分濃度が濃くなく、川のように淡水ではありません。筆者の経験上、海から5km以内ならば、塩分濃度も下がりきらず、ほどよい汽水域といえると思います。

ターゲット

汽水域の良いところは、河ならではの流れがあり、足元の茂みや、橋げたなどのストラクチャーがあることです。地形変化に富み、青物やタチウオなどのショアジギングターゲットの目玉といえる回遊魚は入りにくいですが、その代わりに汽水域ならではの魚が居着いています。シーバスやクロダイをメインに、実は、アジやサバも相当入るのです。

穴場の『汽水域でのルアー釣り』のススメ 魚種やストック量は想像以上橋の灯りが程よい明暗をつくることも(提供:TSURINEWSライター井上海生)

汽水域はもともと海の栄養が豊富な場所だといわれます。というのも、潮の満ち引きがあり、また河の上流から鉱物を削り取って流れてくる魚にとって「おいしい水」があふれ、プランクトンが豊富です。それに小魚が寄ってきて、また別の魚もたくさん入ってくるのです。

アジングの穴場

筆者は大阪湾でいくつかアジングのポイントを持っていますが、あまり海でオープンに打つことはありません。もちろん絶好の条件で常夜灯下が取れたら苦労はありませんが、自分の気分的に場所取りというものが好きではないので、なるべく定番ポイントから離れたところにマイポイントを作ります。

そんな私のマイポイントは、ほとんど汽水域です。アジングではスルーされがちですが、実は汽水域はアジの群れがすごく入ります。年中ずっと居着いている場所も、意外に河の淀みのような場所だったりします。アジはあまり真水というものを気にしないようです。

もちろんまったくの淡水となると入りませんが、シーバスやクロダイがいるような場所ならば、必ずといっていいほどアジもいます。そして、アングラーにたたかれていない分、釣りやすいのです。リバーアジング、とても楽しいですよ。

穴場の『汽水域でのルアー釣り』のススメ 魚種やストック量は想像以上リバーアジングで良型(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに汽水域にアジが入りやすい理由は、二つ考えられます。ひとつは、アジの大敵である大型の回遊魚が、ほとんど入ってこないこと。もうひとつは、河は鉱物質を含むプランクトンが豊富で、アミパターンのアジにとっては絶好の捕食場所であることです。

次のページで具体的なタックル&攻め方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。