釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう

冬の磯釣りで、たまにハリ掛かりするゴマサバ。マサバに比べると、身が「パサパサ」しているためか、さほど喜ばれない。しかし、ちょっとした工夫で、料亭の味に近くなる。今回は「ゴマサバのみりん漬け」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

釣り場での下処理

ハリ掛かりしたゴマサバは、なるべく暴れさせないようにするのが基本。そっとタモですくい上げてわしづかみにし、ナイフなどを使って絞める。磯の上で魚がバタバタ飛び跳ねると、身割れしやすくなるので、一発で絞めたい。

魚が動かなくなったところで、しっかり血抜きし、クーラーに収納。〝潮氷〟にしてよく冷やし込む。

自宅での下処理

持ち帰ったゴマサバは、すぐに頭を落とし、ワタを取ってから寝かせる。冷蔵庫に入れる際はキッチンペーパーで包み、ラップをかけてチルドに。ひと晩寝かせることで、魚のうまみがグンと増す。

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう頭とワタを取ってひと晩寝かせる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚におろす

3枚におろす際は、一般的なおろし方でOK。身が割れやすいので、優しくさばいていく。

3枚におろしたあとは皮を剥ぐ。ゴマサバの皮はマサバに比べると、やや厚みがあり、途中で千切れることは少ない。しかし、身が軟らかいため包丁を寝かせ、優しく剥いでいく。

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

サク取り

皮を剥いだゴマサバは腹骨と中骨を取ってサク取りにする。これを2cmほどの厚さでカットする。

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう2cmほどの幅でカットする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

タレに漬け込む

みりん漬け用のタレに5~6時間晩漬け込む。

※タレの割合は次の通り。みりん:3、濃口しょう油:1、水:3。

ちなみタレに漬け込んだままの状態でも味は濃くならないので、余った分は、そのまま冷凍保存もできる。

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもう漬け込む(提供:TSURINEWSライター松田正記)

遠火でじっくり焼く

タレからあげたゴマサバをグリルなどで焼けば完成。甘み(みりん)が焦げやすいので、遠火でじっくり焼くのがコツ。ほんのり焦げ目が付けば食べごろサインだ。

釣り人的「ひと手間」レシピ:ゴマサバのみりん漬け フワトロを楽しもうじっくり焼いて完成(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。