魚にも「右利き・左利き」があった 人間同様に幼い頃に決まることが判明

魚にも「右利き・左利き」があった 人間同様に幼い頃に決まることが判明

水中に暮らす魚には手も足もありませんが、実はヒトと同じように「右利き」・「左利き」という概念が存在しているということをご存知でしょうか。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

とある「注目の魚」が展示

岐阜県にある世界最大級の淡水魚水族館「アクア・トトぎふ」で、いま注目のとある魚の繁殖に成功し、その展示が話題となっています。

その魚とは「Perissodus microlepis」、現時点で和名はないですが、研究上「鱗食魚」と呼ばれています。その名の通り「他の魚の鱗を食べる」性質があり、他の魚の後方から襲いかかって鱗を剥ぎ取って捕食します。

魚にも「右利き・左利き」があった 人間同様に幼い頃に決まることが判明鱗食魚(提供:世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ)

鱗食魚は、閉鎖的な水域の中で様々な種の分化が起こってきたことから「進化の実験場」とも呼ばれるアフリカのタンガニーカ湖に生息する「カワスズメ」という魚の一種です。日本にも外来魚として定着しつつある「ティラピア」とも近縁となっています。   

魚にも「右利き・左利き」がある

この鱗食魚が注目されているのは、とある「実験」が行われたから。その実験について解説する前に、鱗食魚がなぜその実験の対象になったかについて簡単に説明します。

この鱗食魚には、我々ヒトと同様の「とある行動上の特徴」が観察されています。それは左右どちらかの「利き」を持っているというもの。

魚にも「右利き・左利き」があった 人間同様に幼い頃に決まることが判明鱗食魚が展示されている水槽(提供:世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ)

他魚の鱗を捕食するために襲いかかるとき、ターゲットに対して右側から襲うものと左側から襲う個体がいるのだそうです。口の形態も明確に左右非対称となっているほか、捕食時の体の動きも個体によって得意な方向があり、これが「右利き・左利き」という形であらわれるといいます。

このように、形態と行動に顕著な左右の偏りがあるため、この鱗食魚を研究することで、神経の制御と「利き」がどのようにリンクしているのかを知ることができるのではないか、と期待されているのです。

次のページで「利き」はいつ決まるのか?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。