相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔

相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔

相模湾小坪の太郎丸から、キンメやアコウ、クロムツ狙いのキンメ・ムツ五目乗合に、キンメ釣り初挑戦の釣友3人を誘って乗船した。多点掛けもあり、7尾のキンメをキャッチした釣行をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

太郎丸でキンメ狙い

12月15日(水)5時前に港に到着し、6時すぎに12人を乗せ高橋良寛・船長舵取りで出港。私たちは、右舷ミヨシ側から3人並んで座り、約1時間で釣り場の沖の瀬に到着。

相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔太郎丸の高橋船長(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

「水深380m。潮が速いのでミチイトが380mまで出たらスプールを指で押さえながら落としてください。オモリが着底したら、すぐにイトフケを取って5m巻き上げて待ってください」と釣り方の説明のあとで「前の人どうぞ」と合図。ミヨシの釣り人の投入が終わると「次の人どうぞ」と声がかかる。オマツリしないように両舷順番に船長の指示に従い投入する。

船長の指示で投入スタート

釣友の菰野さんの順番になると、初体験なので緊張した面持ち。手に持つ250号オモリを前方に投げると、マグネットに並べたサバの切り身エサを付けた7本のハリが海面に吸い込まれ、トラブルなく投入成功。

潮が速いため、ミチイトが斜めに流されながら着底。指示通りアタリを待つ。「右舷の人、巻いてください」と声が掛かり、時間をずらして、左舷に回収の合図。

2投目は「潮が速いので、オモリ300号に変えます」と言って船長が全員に300号のオモリが配られた。基本は250号だが、今回は持参していない人が多く、船長が貸してくれた。

早速本命顔見せ

オモリを変えたことでミチイトが流されにくくなり、着底から5m上げて置き竿にすると私の竿にアタリ。同行の加藤さんの竿はガクンガクンとおじぎしている。

相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔本命多点掛け(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

「アタッている人は、そのまま待ってください」と船長からアナウンスがあったのち、やがて巻き上げの指示。

相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔連掛けでゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この投入で私はキンメ2尾、加藤さんは4尾。

相模湾「キンメ・ムツ五目船」で好打 初体験でも多点掛け達成に笑顔好調ヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この流しは好調で左舷トモ寄りの江里口さんにもキンメ。

次のページで本命多点掛け続出!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。