ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?

ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?

2021年の竿納めに沼津の我入道へ釣行。釣行リポートとともに釣ったフグを調理してくれるお店も紹介しよう。意外や意外、サバフグは想像以上の美味さに大満足だった。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

船釣り ボート釣り

沼津はサバフグだらけ?

当初沼津港の船宿からオニカサゴを釣りに行く計画を立てていたが、船宿に問い合わせるとサバフグに仕掛けを切られるので出船を見合せているとのことだった。

次に我入道浜の「貸しボートみさお」に電話すると「今年はサバフグが異常に多い。例年いるが今年は特に異常!」と、こちらもサバフグに悩まされている印象だった。しかし今夏に当地で大物をバラした悔しさが忘れられず、今度こそはと2馬力船を予約することにした。

営業時間は日の出から11時までで、今の時期の出船は6時以降になる。

当日の状況と仕掛け

2週間前に予約したので天気が気になったが、当日12月11日は晴天でベタなぎ。暖かな一日で運に恵まれた。

ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?晴天ベタなぎの当日(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

当日のポイント&作戦

ポイントは水深50~60mの深場でコマセを使用したマダイ&青物狙いと胴つき仕掛けにサバの切り身やキビナゴで根魚を狙う五目釣りで挑むことにした。

ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?準備したエサ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

尚、マダイ用の市販の仕掛けはサバフグに秒殺されると財布やメンタルにも悪影響を及ぼすので、ビーズ類を付けない自作仕掛けを多数用意した。

タックル&仕掛け

マダイ用に準備したタックル。

ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?マダイタックル(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

根魚狙いに準備したタックル。

ボート釣りで『サバフグ地獄』 プロの判断&処理で食せば美味天国?根魚仕掛け(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

次のページで当日の釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。