アマダイ釣りで50cm大型筆頭に0~8尾と堅調 本命2尾掛けも達成

アマダイ釣りで50cm大型筆頭に0~8尾と堅調 本命2尾掛けも達成

12月15日(水)、相模湾片瀬のまなぶ丸からアマダイ乗合で出船。序盤から好調に釣れ、船中釣果は22~50cm0~8尾にアラやオニカサゴ、ムシガレイ、ヒメコダイなどとなった釣行の模様をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まなぶ丸でアマダイ釣り

片舷6人ずつが並び、三ケ部康介・若船長の操船で6時半に河岸払い。船は追い風に乗って、航程25分ほどで江ノ島沖水深100mの釣り場に到着。海況は晴れ、北風4~5mでナギ。潮は澄んだ緑青色で潮流は東方向へ緩く流れていた。

船首を風上に向けると、「はい、どうぞ。水深106mです」のアナウンスで釣り開始。さっそく定番ゲストのカナガシラやムシガレイがアタるなか、左舷トモ2番の江口さんが船中1尾目の30cmを取り込む。

アマダイ釣りで50cm大型筆頭に0~8尾と堅調 本命2尾掛けも達成船中ファーストヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

本命アマダイ続々ヒット

しばらく流したあと、水深108mへ。流し始めるとすぐ、右舷ミヨシにヒット。常連の熊谷さんに25cm本命とオニカサゴの一荷。

アマダイ釣りで50cm大型筆頭に0~8尾と堅調 本命2尾掛けも達成オニとの一荷(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

その数分後、左舷トモで24cm本命が上がると、江口さんにサイズアップの35cm。さらに、私の隣で竿を出す田嶋さんに30cm。タナを聞くと、「底をたたくように誘っていたらきました」とのこと。

私は、底上1.5mのタナで待つと、何回か誘いを入れたあとに竿先がグングンと曲がるアタリ。電動スローで巻き上げると、30cm弱の本命。

船中最大50cm浮上に歓声

9時少し前、水深122mから再スタート。船長から「少しずつ浅くなっていきます」とアナウンスが入る。

ここで、熊谷さんがアタリをとらえて40cm級。次の流しでは大久保さんが37cmと38cmを連続で釣り上げ、江口さんも35cmを追加。

午後になって、水深121mから流し始めると、左舷トモで突然、歓声が上がる。見ると巨大なアマダイがタモ取りされていた。メジャーを手に、山中さんが釣った魚を測るとジャスト50cmの大型。釣った本人はもちろん、若船長も笑顔を見せた。

アマダイ釣りで50cm大型筆頭に0~8尾と堅調 本命2尾掛けも達成船中最大の50cm手中(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

次のページは最後の流しで一荷も!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。