タイラバ釣行:状況渋く拾い釣りで美マダイ【徳島県・鳴門海峡】

タイラバ釣行:状況渋く拾い釣りで美マダイ【徳島県・鳴門海峡】

台風7号が去り、異常な大雨が続いた西日本では現在も災害の報道続いている。徳島県でも1000mmを超す雨量だった。徳島市内も警報が出ていたが、雨量が多かったのは山間部。7月9日に予約していた鳴門海峡でのタイラバは勝手に中止だと思っていたのだが「出ます」との連絡。朝7時に出船ということで釣友と3人で行ってきた。

徳島県の天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日は苦戦覚悟

当日は若潮。東の風がやや強く、紀伊水道側は波が高いので瀬戸内海側だけしかやれない。それも水潮で苦戦するだろうと予想はできる。

状況渋くポイント移動

タイラバ釣行:状況渋く拾い釣りで美マダイ【徳島県・鳴門海峡】当日のタックル図

最初のポイントは亀浦沖。水深は50m前後だ。

60gのチェンジアップヘッドとカーリーの赤ネクタイのセットをチョイス。スルスルとボトムへタイラバを落とす。着底と同時に「上げてください」と、船長。2回も探らず移動。何かが気に入らなかったんだろう。

次のポイントは淡路側の丸山沖。 ポイントに着くと丸太など漂流物でゴミだらけ。魚探の反応はちらほらとまばらな魚影で、2流ししたところで鳴門大橋の下で船長の知り合いから「3匹釣れた」と情報が入る。

「水潮だけにいい所での拾い釣りをしますよ~」と船長。大橋に移動する途中、伊毘沖にも反応を見るため寄ると底から中層まで真っ赤。いい反応なのでやってみる。

我先にと一斉にボトムめがけて落として巻くが、何の反応もない。飲ませサビキではどうかと、釣友がやってみたがエサが付かなく苦戦。

それでも何とかヒットしたのがアコウ。付いたエサは小サバで釣れたアコウの口から3mmほどのガシラの子がポロポロと…。何回かポイントを流したがベイトに魚が付いてないのか反応はない。

次ページで大橋の下へ移動!