陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?

陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?

自由でお財布にも優しい陸っぱり釣り。しかし、「注意すべきコト」も多く存在します。今回はそんな注意点を、私の失敗談?も交えてまとめてみようと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

陸っぱり釣りの魅力

船釣りではなく、陸っぱり釣りを選択する理由は色々あると思いますが、何といっても一番に挙げられる理由はその「自由さ」でしょう。好きな時間に出かけて好きな時間に釣りを終える。最近は24時間営業の釣具店も結構あるので、エサの調達もさほど苦労はしません。

陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?好きな時間に出かけて好きな時間に釣れる(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

また、船釣りで必要となる乗船料金も必要ないので、圧倒的にコストがかからない点も大きな魅力。

想定外のゲストも

そんな陸っぱり釣りにて、船からでも滅多に釣れない高級魚が釣れた時には感慨一入!数年前、ウツボ狙いでクエの赤ちゃん(赤ちゃんと言っても1.3kg!)が釣れてしまった時は、しばらく足の震えが止まりませんでした。

陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?ウツボの外道で釣れたクエ!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

石物狙いに好適

ポイントが岸近くに限定されるということで、船釣りよりも狙う魚種は限られてしまいますが、逆に陸っぱりからでしか狙えない魚種も意外と多く存在しますし、イシダイ・イシガキダイはむしろ磯での陸っぱりが主。船で狙うよりも良型が狙えます。

陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?3kgを超えるイシダイ狙いは磯が一番(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

もちろん、こういった魚を狙うには周到な準備が必要ですが、お手軽なタックルで楽しめる河口や防波堤、海釣り公園でのサビキ釣り、ウキ釣り、ちょい投げ釣りもまた面白いです。その他、テトラでの穴釣り、磯でのウキフカセ釣り、カゴ釣り、磯物狙いのブッコミ釣り、サーフから投げ釣り、ルアー釣り、近年ブレイクしているエギング等々。

「陸っぱり釣り」と一言で行っても、釣り方はバラエティーに富んでいます。

陸っぱり釣りデビューの注意点10選  船釣り経験者こそ見落としがち?お手軽度No1は何といってもハゼ釣りかな?(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページで陸っぱり釣りの注意点を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。