冬季限定解禁エリアでトラウトゲーム ミノーで51cm大型ニジマス御用

冬季限定解禁エリアでトラウトゲーム ミノーで51cm大型ニジマス御用

冬季限定の特別解禁でニジマスのキャッチ&リリースが実施されている、神奈川県の箱根早川に釣行。自己記録更新の51cmニジマスをキャッチしたので、その模様をリポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

箱根早川でニジマス狙い

12月4日(土)6時、遊漁券を購入(一日券¥1300)して、ルアー・フライ区間の最下流、太閤橋付近の駐車場へと向かいます。これより下はエサ釣りもOK。

定刻の7時に開始。まず、魚が溜まっていそうな水深のあるポイントを狙います。ボトムをしっかり取れるように、5gのミノー(シンキング、シャッド系)を用意。スプーンやスピナーも有効とのこと。フックはシングルバーブレス使用。

同行した蘆原さんが「あれ~、きょうは魚の姿があまり見えないな~」と不安なひと言。どうやら10cm以上減水しているようで、テンポよく釣り上がっていくと、時どき大きなニジマスの姿を確認するものの、なかなか口を使ってくれません。

放流魚とはいえ、やはりひと筋縄ではいかず、ここぞ!というポイントは連日叩かれているので、警戒心が強い感じ。

大ニジマスにアプローチ

さらに、追い討ちをかけるように、風がどんどん強まり、背中を押されるほどの強風。しばらくして、蘆原さんがスプーンで40cmニジマス。同行した友人にもバイトがあったようで、少し活性が上がってきたかな?

あっという間に時間はすぎ、気付けば9時を回っていました。ここから少し上流まで釣り上がったところで、さらさらと流れるなかに、大きなゴロタ岩が点在するエリアに到着。「浅いけど、ここにも大きいニジマスがいるはずだよ。頑張って」と蘆原さんから声援。

冬季限定解禁エリアでトラウトゲーム ミノーで51cm大型ニジマス御用釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

目の前の大きなゴロタ手前が少しエグれている場所を見つけ、「もしかしたら魚が潜んでいるかもしれない」と、川の流れ方や速さ、ルアーの動きを考えながら、ピンポイントでミノーを打ち込みます。「よし、いい感じに流れている」。気になる位置にルアーが入ったタイミングで、チョンチョンと軽くアクションを入れてアピール。

51cm大型ニジマス浮上

すると、ルアーが止まりました。「ん?根がかり?」と思った瞬間、グングングンと竿先が叩かれる引き。

「きた!」、その様子を見ていた友人が、「デカい」と、タモを持って駆け寄ってくれます。ヒラを打つ魚の姿を見た瞬間、今までで一番の良型。掛かった魚はとても賢く、ゴロタ周りでラインブレイクさせようと、あちらこちらと、グルグル必死に走ります。

冬季限定解禁エリアでトラウトゲーム ミノーで51cm大型ニジマス御用良型ニジマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

バーブレスフックにライトタックルなので、強引なやりとりは禁物。慎重に寄せて、なんとか無事ネットイン。計測すると、自己記録の51cm。

次のページで後半戦の模様をお届け!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。