【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々

福岡県と長崎県から沖釣り最新釣果情報が届いた。16kgデカマサ頭に青物好調。ほか2kg級良型アマダイも上がっている。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸漁丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

福岡県:海燕

12月11日、北九州市・小倉港から案内中の海燕がタイラバ・ジギング・SLJで響灘へ出船すると、サワラ5kg、ヒラメ1.5kg、アマダイ2kg頭5尾、ヤガラ、レンコ、イトヨリ、タカバ30cm、アコウ30cmなど魚種多彩な釣果が上がった。今後も賑やかな土産が望めそうだ。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々アマダイ2kg頭に5尾(提供:海燕)
▼この釣り船について
海燕
出船場所:小倉港
TEL:090-1971-1254

福岡県:Elephant

12月7日、北九州市・小倉港のElephantがジギングで響灘に出船。船中では大型ヒラマサ8kg、サワラ3~5kg、ヤズなど青物主体にいい土産ができた。船長は「潮次第で大型青物が釣れます」と話している。釣果詳細は同船ホームページおよびFacebookで確認を。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々青物主体でお土産ゲット(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

福岡県:EBISUYA

12月11日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、響灘にタイラバで出船。マダイ、アマダイ、アオナ、マトウダイなど良型交え多彩に好ヒットした。写真の森さんは新調したサオで挑み、見事良型アマダイをゲット。ティップランエギングも出船中。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々良型アマダイ手中(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA
出船場所:大里港

福岡県:友栄丸

12月11日、福岡県宗像市・大島の友栄丸がナイト便のタイラバ・スロージギングで玄界灘に出船すると、この日はラッシュもあり短時間でハマチ3~4kg主体に40尾前後釣れたほか、マダイ2kg超え頭9尾にアコウなども交じった。また、合間の夜焚きイカ釣りではブドウイカ釣る人5~6尾の釣果。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々青物絶好調(提供:友栄丸)
▼この釣り船について
友栄丸
出船場所:神湊港

福岡県:優

12月2日、福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のヒラマサ狙いキャスティングゲームに出船。シイラが追われる場所を発見して、キャッチされたのは11.04kgのヒラマサ。ルアーにバイトはあるがヒットまではしない状況が続く。その中で待望のヒット。船中に取り込まれたのは16.44kgのヒラマサ。ジギング、キャスティングでヒラマサ、寒ブリ狙いで出船。電動ジギングも可能。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々16.44kgデカマサ浮上(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

長崎県:尚栄丸

12月14日、長崎県平戸市宮ノ浦漁港から尚栄丸が宮ノ浦沖のタイラバ・タイジグに出船。船中でマダイが2kg頭に15尾、アオナ10尾、アコウ1尾の釣果。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々アオナゲット(提供:尚栄丸)
▼この釣り船について
尚栄丸
出船場所:宮ノ浦漁港

長崎県:幸漁丸

12月11日、長崎県平戸市早福の幸漁丸は平戸沖に出船。毎年恒例の全日本ヒラス選手権が開催され、熊本県代表の青木さん(写真)が、見事12kg超えを釣り上げ優勝した。ほかにも、10kg超えが多く上がり数釣れている。ぜひ皆さんも、ヒラマサの聖地・平戸で好土産をゲットしよう。

【福岡・長崎】沖のルアー釣り最新釣果 16kg級筆頭に大型ヒラマサ続々12kg超えで選手権優勝(提供:幸漁丸)
▼この釣り船について
幸漁丸
出船場所:早福港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年12月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。