淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適

淡水魚の在来種で、「なかなか釣れない魚」として上位にランキングされるオヤニラミ。川や湖の〝陸っぱり〟から手軽に狙えることで、家族連れや女性アングラーに人気がある。今回は「狙って釣れる」方法を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

オヤニラミがいる場所

オヤニラミがいる場所は、きれいな川や湖の浅瀬。体長は10cm前後で、頭の後ろに斑点があり、目が4つに見える。上から見ると、こっちをにらんでいるように見えることから、オヤニラミと呼ぶようになったという。

オヤニラミは真冬を除けばおおむね一年を通して狙える。水草やゴロタ石などの障害物周りを住みかとし、小さい昆虫などを捕食する。釣り人の間では「見えるけど、なかなか食ってこない」と言うものの、簡単に釣れる時もある。

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適オヤニラミ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

用意するもの

釣るために用意するものは、3~4mののべザオ、ミチイト、ウキ、ウキ止めゴム、ハリス止め(サルカン)、ハリ(ハリス付きの仕掛け)、エサ。ハリはハエかエビ用を選び、ハリス0.4~0.6号が扱いやすい。エサは市販のミミズを使う。

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適仕掛け図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

エサの付け方

準備ができたら、ハリにミミズを刺す。ミミズは2cmほどにカットしてハリに刺すだけ。なるべくエサが動いたほうがいいので、ミミズが弱ったら、新鮮なものに取り替える。

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適エサは市販のミミズ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ターゲットを探す

サオ出しのスタンバイを終えたら、オヤニラミを探す。足音を立てず、静かに水辺を歩きながら、ひたすら探すことから始めよう。

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適障害物周りを探る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

見えたらすぐ狙う

ターゲットが見えたら、すぐにサオを出す。その際、オヤニラミよりも少し離したところに仕掛けを入れ、サオで仕掛けをそっと引っ張って魚の目の前にミミズがくるようにしてやる。1~2投目は反応しやすく、すぐに食ってくる。しかし、〝スルー〟されたら、何度手返ししても食わない。

アタリとアワセ

アタリはウキがポコポコッと浮き沈みするものの、引き込むことはない。従って、アタリが出たら、手首を返すように軽くアワセを入れる。ここで手応えを感じたら、やさしく釣り上げる。他魚のハエやモロコも交じるので、慣れるまではアタリの見極めが難しい。

淡水在来魚「オヤニラミ」釣り入門解説 手軽に狙えて家族釣行にも好適ゲストにハエも交じる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページで釣れないときの対処法を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。