陸っぱりデイアジングで25cm級アジ連打 メッキやヒラセイゴも顔出し

陸っぱりデイアジングで25cm級アジ連打 メッキやヒラセイゴも顔出し

そろそろ良型アジの時期。豆アジで遊んだ湾奥から一転、福岡市・志賀島の弘漁港のアジを狙う。本命のアジはもちろん、ヒラセイゴに良型メッキ、メバルなど高活性で満喫できたライトゲームの模様をお届けしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

弘漁港でアジング

11月6日午前6時、現場に着くと遠くの堤防先端部は2人のアジングアングラーがいたので、もう開幕は間違いないのかなとヘッドライトで足元を灯し慎重にテトラを進んでいく。2人の様子が間近に見えると時折魚体が上がると黄色いヒレのアジ。

陸っぱりデイアジングで25cm級アジ連打 メッキやヒラセイゴも顔出しタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

25cm良型アジゲット

私も急いでロッドにラインを通しジグヘッドをセット。やや風があるので1.5gにワーム海毛虫jrのグローカラーを選択。キャストし、しばしフォールさせるとコンッとバイト!アワせるとジーッとエステルラインが出ていく。0.2号なので緩めのドラグが出るのがスリリング。ロッドが絞り込まれ、よく走り回る。上がったのは25cmのアジだ!

陸っぱりデイアジングで25cm級アジ連打 メッキやヒラセイゴも顔出し25cmの良型も交じった(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

例年6時30分ごろまでが時合いなので残り時間は30分と予測して集中。時折すこぶる元気なアジがヒットして、不意な引きでラインブレイクもあり、本当に元気な魚が多い。干潮のテトラもありラインがすれるのも難しくさせて、楽しさもある。

朝日が出ると時合い終了だが、この日は曇天。いったんアジの時合いが収まり先行者の1人が帰り支度。しかし、その30分後まだまだ活性高く、突然のボイルが起こり、今度はエラ洗いで抵抗する魚は30cm級のヒラセイゴ。もう1人の釣り人と「今日はすこぶる活性高いですね」と話しながら盛り上がる。

30cm級メッキも登場

水面近くを早引きするとヒラセイゴがヒットするので、ボトム近くまで落として少しアクションさせるとアジになる。そして次にかなり下に下に突っ込み左右に走る魚は30cm近いメッキ。30cm超えの良型は惜しくもラインブレイク。

陸っぱりデイアジングで25cm級アジ連打 メッキやヒラセイゴも顔出しメッキもヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

1時間後、お祭りも収まったかと思われたが、今度はボトムで違う引きの正体、20cmほどのメバルも顔見せ。残っていた釣り人は良型を連発していた。

少し場所をずらしてフォールでヒットしたのは再び25cm前後のアジの時合いが再開。時折サバもくる五目釣りとなった。その後もアジ、ヒラセイゴ、メバルのヒットが続き10時まで楽しんだ。

<週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
志賀島・弘漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年12月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。