シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦

福岡・宗像・大島の明生丸で落とし込み釣りへ。当日は、ベイトの群れが小さく、バラシもかなり出たが、いかにベイトを掛けきるかが勝負となった釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

明生丸で落とし込み釣り

出港時間は午前5時で神湊港に4時30分に着いた。船が入ってきて、釣具を積むと釣座を決めてもらい、すぐに出港した。

当日のメンバーは右舷ミヨシから石川さん、胴の間に私、機関場に植田さん、船尾に横山さん、左舷ミヨシに川上のお父さん、胴の間に息子さん、機関場に城丸さん、船尾に林さんに連れの伊地知さんだ。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦落とし込み仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

ポイントに着いたが、まだ夜が明けきっていない。6時30分ごろになるとやっと明るくなってきて釣り開始になる。

同船は探見丸システム搭載船で、特に落とし込み釣りではベイトの位置や海底の状況がひと目でわかるので重宝する。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦落とし込み仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

ベイトが掛かるかが勝負

当日のベイトの群れは小さく1、2回仕掛けを上げ下げしてベイトが掛からないとベイトがいなくなって釣りにならない。それでもベイトが付いて仕掛けを海底に落とすとすぐに青物が食ってくる。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦ヒラマサをキャッチした横山さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

私は最初のエサが食われたので仕掛けを15m上げて落とすとまたエサが付き、今度は本命をハリ掛かりさせることができた。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦川上さんにヒットしたヤズ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

朝のうちはベイトのイワシも大きくサイズは20cmほどになっていて仕掛けに掛かるとサオ先が大きく揺れる。仕掛けにベイトが掛かって仕掛けを海底に落とす途中で青物も腹を空(す)かしていたのだろうすぐに食ってきていた。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦ヤズを仕留めたのは石川さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

本命ヒラマサ連釣

当日は釣り慣れている人は2~3人で後は初心者のようで、仕掛けに青物が掛かると強引にサオをあおってハリ掛かりさせようとしている人も見受けられた。

またリールも小型電動リールで魚からあしらわれてなかなか魚が海面に上がってこない人も見受けられた。

また、仕掛けを落とす時にサオ先を上下させている人も見受けられて、見かねてアドバイスをするとベイトも掛かりだし、すぐにいいアタリが出て上がってきたのはヒラマサの7kg級だった。

左舷船尾の林さんにもいいアタリが出てヒラマサの4kg級を掛けていた。

シーズン盛期の落とし込み釣りでヒラマサ好釣 ベイトの群れ小さく苦戦良型ヒラマサをキャッチした林さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。