陸っぱりライトゲームでアジ回遊チェック 高活性フグとベラに苦戦

陸っぱりライトゲームでアジ回遊チェック 高活性フグとベラに苦戦

久々にプチ遠征で泉南に向かった。前情報ではアジが回っているらしい。ただ釣るだけじゃない、俗事に疲れた心身を癒す意味も込めた泉南釣行をレポートする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

11月21日の釣行、昼からエントリーした。新月に向かう大潮回りのラスト。潮は19時ごろに上げきりで、仮に回遊があれば、アジは時合いから19時まで約2時間の期待が持てる。

陸っぱりライトゲームでアジ回遊チェック 高活性フグとベラに苦戦消波ブロック沿いにエントリー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

消波ブロック沿いのワンポイントにエントリー。私はこの場所では、ほとんど一点に留まって動かない。もともと足場の悪い場所での釣りは好きじゃないのだ。しかも今回はツータックル持ってきた。釣り座とするブロックの片側に、もう一つのタックルを慎重に置いて、水深3m前後のサーフを釣っていく。

SLSJでメッキ

暗くなるまで、ここはフグとベラがとにかく悪さをする。歯の攻撃に強いエラストマー系のワームを使っても一発でやられるので、しばらくはメタルジグを投げることにした。スーパーライトショアジギングのタックルで遠投。18gのジグに突然メッキがアタックしてきた。

陸っぱりライトゲームでアジ回遊チェック 高活性フグとベラに苦戦メタルでメッキ1尾(提供:TSURINEWSライター井上海生)

サイズは25cm程度。いつもながらメッキは最初ビックリするくらい引く。水圧からそんなに大きくない魚だとわかるのだが、水を切る泳ぎが俊敏で叩き込むような引きが独特だ。とはいえPEライン0.5号で掛けているのでほとんど一方的なやり取りで抜き上げ。GTの子だと言うが本当なのだろうか?

群れがいると思い引き続きメタルを投げてみたのだが、この1尾に留まった。ちょっとメタルが重すぎたのかもしれない。18gで水深3m程度だと1秒2秒で着底する。アピールする水深がないのだ。5g、7g級を持ってくればよかったと後悔した。

このあとエギングを少しやるも音沙汰無し。墨跡はあちこちに見られたが、やはり時合いじゃないと厳しいのか。私はそもそもエギングが上手ではないので、それもありそうだ。

時合いまでゲソングでひまつぶし

メタルを投げたりバイブレーションジグヘッドを投げたりして、あわよくばフラットフィッシュを狙ってみるがダメだった。そこで強めの釣りはここまでにして、フィネスに切り替え。持ちなれたアジングタックルで、リーダー8lbに極小ハリをつけ、イカゲソをエサに小魚を狙う。ベラやフグなどが容易く釣れてくれる。

陸っぱりライトゲームでアジ回遊チェック 高活性フグとベラに苦戦イカゲソでフグ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ゲソングも悪くない。しかしこの日はロスト要員の古いジグヘッドで底をタイトに取ったのに、なぜか本命のカサゴが反応してくれなかった。そこだけは少し不満が残る。

次のページでアジの時合い到来も……?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。