朝マヅメの陸っぱりライトゲームでアジ・メバル・ヒラフッコ好打

朝マヅメの陸っぱりライトゲームでアジ・メバル・ヒラフッコ好打

福岡市東区志賀島・弘漁港の波止へアジングに行ってきた。ジグヘッドリグ、プラグともに好反応、ライトゲームを楽しんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でライトゲーム

11月20日、午前6時に福岡市東区志賀島・弘漁港の堤防先端に到着。先行者にひと声掛けて入らせてもらう。

朝マヅメの陸っぱりライトゲームでアジ・メバル・ヒラフッコ好打志賀島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

当日のタックル

タックルは、ジグヘッド1.5gにワームは海毛虫Jr。

朝マヅメの陸っぱりライトゲームでアジ・メバル・ヒラフッコ好打当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

27cmアジが顔見せ

夜明け前のベストな時間だが、1投目コツンとショートバイト。さらに2投目これもショートバイト。

ん?シーバスかな?とアクションを入れるとフォールで乗った!グングン突っ込むいい引き。27cmサイズのアジが顔見せ。このサイズになるとアジといえどライトタックルだとロッドが大きく曲がりとてもスリリングで楽しい。

2尾、3尾と入れ食いではないがフォールでアタリを取る。

時折、横に走る魚は30cmほどのサバ。これはリリースしていると、そろそろ日の出になれば間もなく時合い終了。真っ暗な早い時間でもバイトは少なく、マヅメの1時間前後が時合いだ。

明るくなると決まってベイトを追うヒラフッコのボイル。今回はかなりの群れでベイトを追っている。

アジのアタリも遠のいたのでプラッキングで狙う。トップでミノーにアタり、エラ洗いでアジと違う引きを楽しみリリース。

朝マヅメの陸っぱりライトゲームでアジ・メバル・ヒラフッコ好打シーバスも来た(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

次のページでは狙いをかえてメバル連発

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。